株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。


 2016年12月30日の株式指標。


日経平均終値       19114円37銭



NYダウ         19762・60ドル



為替(東京)       1ドル117円10銭~12銭

             1ユーロ123円04銭~08銭



長期金利         0・040%(10年国債利回り)



NY原油         1バレル53・72ドル(12月30日終値)



日経ボラティリティー指数 21・17(+0・86)




純資産倍率(PBR、倍、前期基準)

 225種        1・33

 日経400       1・47

 東証1部全銘柄     1・33

 東証2部全銘柄     1・23

 ジャスダック      1・26




株価収益率(PER(倍))

             前期基準      予想

 225種        16・98     16・18

 日経400       16・07     16・33

 東証1部全銘柄     17・97     17・00

 東証2部全銘柄     80・89     21・85

 ジャスダック      24・88     17・51




株式益回り(%)

              前期基準      予想

 東証1部全銘柄      5・56      5・88




平均配当利回り(%、単純平均)

              前期基準      予想

 225種         1・60      1・59

 日経400        1・49      1・49

 東証1部全銘柄      1・66      1・67

 東証2部全銘柄      1・80      1・80

 ジャスダック       1・74      1・74


株は配当金を狙ってTOPに戻る





 2016年12月30日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  リコー              4・55
2  キヤノン             4・55
3  あおぞら銀行           4・46 ◯
4  東海東京FHD          4・18
5  GMOクリックHD        4・08 ◯
6  日産自動車            4・08 ◯
7  青山商事             4・05
8  SANKYO           3・97
9  リョーサン            3・97
10 東燃ゼネラル石油         3・86 ◯


11 北陸電力             3・82
12 奥村組              3・80
13 武田薬品工業           3・72
14 中国電力             3・65
15 住友商事             3・64
16 サンリオ             3・63 ◯
17 大和証券G本社          3・61
18 みずほFG            3・57
19 ゆうちょ銀行           3・56
20 ファンケル            3・55


21 伊藤忠商事            3・54 ◯
22 アサツー ディ・ケイ        3・53
23 日本航空             3・51 ◯
24 昭和シェル石油          3・50
25 岡三証券G            3・46
26 TOKAIホールディングス    3・43 ◯
27 日本郵政             3・43
28 オートバックスセブン       3・42
29 NECネッツエスアイ       3・41
30 レオパレス21          3・41 ◯


※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る




 下落分を取り戻し、年末ラリーが続いている。


 為替は円安に振れているが、今度は長続きするのだろうか。


 アメリカで利上げということで、新興国から資金が引き上げられ、プスプスと煙が。


 あちらが立てば、こちらが立たず。


 まあ、全てがうまくいっていたら、株式を売って撤収だろう。


 上がり出したら、基本的にぽけーっと眺めているだけ。


 この時点でドタバタしているようでは、お話にならない。


 先回りでゆったりと。





 先日、日本電産が空売りファンドの指摘を受けて、一時株価が下落していた。


 何それって下落も起きる。


 これは仕方ない。


 株価が下がって、ラッキーとか、チャンスと思えない企業を投資対象にしないことだろう。





 2016年11月25日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  リコー              4・88
2  キヤノン             4・74
3  あおぞら銀行           4・71 ◯
4  日産自動車            4・42 ◯
5  東海東京FHD          4・39
6  東燃ゼネラル石油         4・35 ◯
7  青山商事             4・35
8  北陸電力             4・15
9  SANKYO           4・08
10 中国電力             4・03


11 リョーサン            4・00
12 サンリオ             3・98 ◯
13 奥村組              3・91
14 岡三証券G            3・89
15 武田薬品工業           3・83
16 大和証券G本社          3・83
17 TOKAIホールディングス    3・79 ◯
18 みずほFG            3・79
19 ゆうちょ銀行           3・75
20 松井証券             3・71 ◯


21 昭和シェル石油          3・70
22 住友商事             3・70
23 オートバックスセブン       3・65
24 ファンケル            3・65
25 イオンフィナンシャルサービス   3・60 ◯
26 JXHD             3・60
27 レオパレス21          3・59 ◯
28 三井住友FG           3・58
29 日本航空             3・55 ◯
30 日本郵政             3・53



※ROE10%以上の企業は末尾に○印


株は配当金を狙ってTOPに戻る




 基本ポートフォリオではなく、自分でポートフォリオを作る場合、独立系の投資信託を含めたアクティブファンドを複数組み合わせることもできるでしょうし、買付のやり方や景気の変動に合わせ待機資金の比率を工夫するのも立派な投資戦略だと思います。


 大事なのは、インデックスファンドを毎月一定額買うだけで、ほとんどのプロを上回るポートフォリオが出来上がってしまうという現実を直視することであり、この投資法の愚かな部分と賢明な部分をきっちり分けて認識することです。


 ほとんどの人間は、それが賢明だと考えて実際は愚かな投資法を採ると思います。


 周りを見れば、取るべき行動も自ずと分かるでしょう。





 次に、さらに踏み込んで、自分で株式を買ってポートフォリオを作る方法について考えてみましょう。


 これはリーマンショックを経験しながら考え、実践してきたことでもあります。