株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 前回の続きで、「さわかみファンド」の特徴について書いてみたいと思います。


 まず、当然のことながら買付手数料は無料です。


 信託報酬も年1・05%と低水準ですね。


 なぜこのような設定になっているかというと、足利義政の妻・日野富子ばりの関所システムで手数料をふんだくる銀行を通していないからです。


 で、最近の澤上さんのレポートを読むと(さわかみファンドに口座を開くと送ってきてくれます)、大要以下のことが書かれています。







 銀行による間接金融の時代は終わって、貯蓄から投資への流れができつつある。長期投資で運用成果を上げている人を見て、この流れはどんどん加速するだろう。


 だから郵貯や銀行も投信を販売している。


 しかし、これは販売手数料や信託報酬の一部から証券代行手数料を得ること、つまり自らの儲けを優先した投信販売であって、顧客である預金者の資産を殖やして社会のために役立ちたいという類いのものではない。


 つまるところ、こういった間接金融主体の経営は早晩行き詰まり、金融業界は10年後には一変しているだろう。







 私も手数料などの中間搾取でしか儲けることができない経営は、早晩行き詰まると思います。


 手数料を払わないで済む金融機関があれば、預金者はそちらに資金をシフトするでしょうしね。


 私が、月5回までなら他行振込手数料が無料となる新生銀行イーバンク銀行(イーバンク銀行は給与振込口座の指定が必要)をお勧めしているのもこの観点からです。


 話がそれましたが、このような考え方に立っているため、さわかみファンドのポートフォリオを見ると銀行の銘柄がぜ~んぜん見当たりません。


 銀行嫌いの配当金太郎さんにはピッタリのファンドというわけです。







 さらにポートフォリオを見てみると、トヨタが組み入れ比率第2位ですね。


 2006年10月31日付けで1・16%がトヨタ株となっています。


 そして松下電器産業や三菱電機、三洋電機など、電気機器の業種が圧倒的に多いです。


 これは太陽光発電などの次世代エネルギーへの転換を見越したものですね。


 燃料電池を開発している自動車産業もしっかりと上位に名を連ねています。


 全般に、モノづくりをしている企業の比率が圧倒的に高いです。


 また、環境に配慮したモノづくりをしている企業の組入比率は、次世代エネルギーの需要を見越している以上、当然高くなっていますね。


 京セラや東レ、帝人、面白いところでは、日本風力開発なんてのも入ってますね。


 組入銘柄数は300を超えます。


 分散投資効果もバッチリですね。


 興味のある方は、さわかみファンドのホームページで組入銘柄や業種別の比率を見てみるといいでしょう。


 長期投資の達人と呼ばれる人の運営する会社が、どのような銘柄を組み入れているのかは大変参考になります。







 次に、運用の仕方でも特徴があります。


 指標面で株価が割高になってくると、現金へのシフトを行って割安になるまで待つのです。


 今年の始めがいい例ですが、株価がグリグリ上がっていた時に、さわかみファンドは割高になったと判断し、現金の比率を高くしていたそうです。


 このやり方にも一長一短があり、皆が飛びついてグリグリと上がっていく局面で売ることになるので、株価上昇の恩恵が若干薄れます。


 他方、その後の調整局面では大きな損失を出さないで済むというわけですね。


 さて、大切なお金を預けて長期投資をするにあたって、このような安定的な運用と保有したままの運用と、どちらの方がいいでしょうか?


 私なら迷わず安定的な運用をしてくれる方を選びます。


 投資したとはいえ、お金がいつ入り用になるかもしれないですからね。


 以上、さわかみファンドについて見聞きしたことを書いてみました。


 次回は、運用成績や金太郎さんが実際に行った購入の仕方を書いてみたいと思います。


投資情報満載の人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


株は配当金を狙って


 トヨタ自動車の記事で書いたお勧めのファンドとして、「さわかみファンド」を紹介してみたいと思います。


 何年か前に、このファンドを運営するさわかみ投信株式会社の社長・澤上篤人さんの名前と考え方を知って共感するところがあり、ずっとお金を預けてみたい投資信託の1位でした。


 澤上さんが勧めておられたのは、もちろん長期投資です。


 その記事では長期投資家の役割についても述べられていて、とても興味深かったです。


 即ち、株価の下落局面では、買う人間がいないと市場が成り立たない。


 長期投資家は売られる株を買うことで、投資家に新たな資金を提供し別の有望株を購入してもらったり消費してもらったりして、資金を社会に還元する。


 そして自分自身は売られた株を辛抱強く保有して、企業が立ち直るための時間的負担を負いながら値上がりを待つのだと。


 この考え方は、投資を単なるマネーゲームやゼロサムゲームと捉える近視眼的な考え方とは一線を画していて好きです。


 また、私が読んだ記事では、澤上さんはこれから伸びる企業として次世代エネルギーを開発しているところを上げておられました。


 そう、燃料電池や太陽光発電、その他の環境に適応したエネルギーのことです。


 SRIの考え方と合致しますね。


 澤上篤人さんは、著書も多数出されているので御存知の方も多いでしょう(澤上篤人さんの著書)。


 長期投資を考えるなら、参考にしてみるといいと思います。


 考え方に賛同できるなら、その考え方を実行する最も簡単な方法がさわかみファンドを購入することでしょうね。


 次の記事では、このさわかみファンドの特徴について書いてみたいと思います。




投資情報満載の人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


株は配当金を狙って


 HSBCインドオープンに続いて、HSBCチャイナオープンについてです。


 こちらは中国の主要企業に投資するファンドですね。


 配当金太郎さんは、インドオープンより少ない金額をこちらにも投資しています。


 投資比率が大体、インド5に対して中国3くらいですね。


 ちょこちょこ追加投資しているので正確な数字は分かりませんが、こちらも50%程度のプラスになっていたと思います。







 それで投資先としての中国ですが、民主主義を採るインドと異なり、共産党の一党独裁という政治システムのリスクがあります。


 これは近時言われている格差拡大と相まってリスクを倍増させます。


 つまり、落ちこぼれた人が自分の意見を政治に反映させることができずに、革命などの暴力的手段によった場合、投下資本がどうなるか見当がつかないということですね。


 次に、ちょっと前に言われていたことですが、チャイナリスクとして会計上の不正があげられると思います。


 経済成長などを示す指標や企業業績が、好調を装って出した数字である可能性が高いということですね。


 それから、最近では圧倒的な貿易黒字と中国政府の為替介入の相乗効果で、外貨をため込んでいます。


 今や、日本を超える外貨準備高を誇っているようですが、今後無理に抑えてきた人民元高が加速すれば、一気にインフレが進んで金融破綻を来す恐れがあると指摘されています。


 最近は、人民元高で対中投資も減少傾向のようです。


 現在は、舵取りが非常に難しい局面に来ているようですね。


 他には、周りをロシア、北朝鮮、インドといった国に囲まれており、アメリカからはライバル視され、また台湾問題や少数民族自治区も抱えてと、絶えず政治的緊張を強いられます。







 まずリスクをずらずらと上げましたが、それでも今後は確実に超大国への道を歩んでくるでしょう。


 政治的には付き合い方が非常に難しい国ですが、投資先としてはやはり魅力は大きいと思います。


 世界一の人口を抱え、市場も急激に拡大中。


 後は、世界の工場と言われ投資を受けて得たはずの技術などを、どのように生かしていくかなんでしょう。


 もうすぐ北京五輪も控えています。


 日本と同じ道を歩むとすれば、この五輪でさらに弾みがつくということになるんでしょう。







 金太郎さんは、中国はインドと比べて若干リスクが高いかなと思い、投資比率を下げています。


 分散投資したければ、中国だけでなくブリクス諸国に投資するファンドもあります。


 金太郎さんは余計なところに投資したくないので購入していませんが、検討してみるといいでしょう。


 魅力は感じるけど、怖いなと思っている方は、金太郎さんのようにまず少額を投資してみるという手があります。


 金額指定の分配金再投資型だと1万円から購入可能です。


 後はドルコスト平均法と同じで、情報を得ながら追加投資していけばOKです。


 1年に1回は調整時期があるので、その時期を待って基準価額が下がった時に購入してもいいでしょう。


 HSBCチャイナオープンもブリクスファンドもイーバンク銀行新生銀行などで購入出来ます。


 ネット証券でも購入出来ますが、口数指定では分配金が再投資されないので、分配金の欲しい人以外は金額指定のできる金融機関からの購入の方がいいと思います(分配金再投資型のススメを参照)。


今日も応援ありがとう!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


 

株は配当金を狙って


 前回、中国とインドについての記事をアップしましたが、インド投資のファンド(投資信託)で配当金太郎さんが購入しているのがHSBCインドオープンです。


 現在、基準価額は22000円を越えていますから、設定された2004年12月に購入していれば、2・2倍以上になっている計算になりますね。


 もちろん配当もありましたから、それを含めるともっと良い結果が出るでしょう。


 因みに、金太郎さんは、2005年5月頃からチョコチョコと追加投資をして、現在、投資全額の50%程度の含み益があります。


 これはファンドの利点ですが、放ったらかしでこの成績です。


 今年の5月以降の大調整の時も、解約せずに放ったらかしにしておきました。


 因みにこのとき、ファンドマネージャーから通知が来て、ディフェンシブ銘柄や現金へと資金をシフトして乗り切っていると報告がありました。


 このように勝手にうまく運用してくれるのが、ファンドの有り難いところでしょう。


 時間はかかりましたが、今は戻って来てますね。


 手数料で3・15%取られますから、それ以上下がると踏んだら一旦解約しておくのも賢い戦略なんでしょう。







 さて、インドについてですが、戦後の日本のようなピラミッド型の人口分布をしています。


 ある本で見かけたのですが、人生で所得以上の消費行動をするのが40歳前後なんだそうです。


 子供が大きくなり、マイホームをローンで購入したり車を買ったりと、よく考えたら思い当たりますよね。


 つまり、この40歳前後の人口の多寡が、その国の消費、ひいては市場に大きな影響を及ぼすということらしいです。


 実際、景気の変動を調べてみると、好景気の時は40歳前後の人口も多かったそうです。


 そして、この40歳前後の人口が、これからも増え続けるのがインドというわけです。


 因みに、日本も団塊ジュニアがこれから40歳を迎えるので、好景気は続くだろうという面白い予測もしていました。


 個人的には、この世代は就学でも就職でも随分割を喰ってるので、40歳になるまでに将来的に安心して消費をするだけの下地が出来ているのかが不安要素だと思いますけどね。


 また、人口では中国が最大ですが、インドがそのうち追い抜いていくと言われています。


 これらは、市場拡大の潜在力が非常に高いことを示していると思います。


 また、現在、市場形成の鍵を握る中間所得者層が2億人程度と言われ、所得自体は低いですが既に日本を上回っていますね。


 順調に経済成長を遂げ、政府の舵取りがうまくいけば、次第に格差も縮まり中間所得者層も増えてくるでしょう。







 一方で、現在は貧困層の存在や格差拡大など、他の新興国と同じような不安定要素も持っています。


 また、隣国のパキスタンと中国とは核を持ち合っての緊張関係もあります。


 こういったリスクはありますが、ほぼ間違いなくこれからの世界市場は欧米からアジア、それもインドと中国へと中心が移ってくると言われています。


 インドへの投資は、この流れに沿ったものであり、個人的には非常に良い投資先だと思います。


 実際、今のところは随分含み益が出てますからね。







 HSBCの他にも、たくさんのインド関連ファンドがあります。


 どのファンドも大体同じような値動きをしています。


 実際、組み入れ銘柄にあまり大きな違いはないと思っていいでしょう。


 HSBCインドオープンであれば、イーバンク銀行新生銀行などで購入出来ます。


 ネット証券でも購入出来ますが、口数指定では分配金が再投資されないので、分配金の欲しい人以外は金額指定のできる金融機関からの購入の方がいいと思います(分配金再投資型のススメを参照)。


今日も応援ありがとう!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


株は配当金を狙って


 今回は私がファンドで投資している新興国、中国とインドについて考えてみたいと思います。


 日本は少子化などで市場は縮小傾向で、今後GDP(Gross Domestic Product 国内総生産)の伸びもあまり期待できないようです。


 で、そんな中、爆発的な成長を期待されているのがブリクス諸国(BRICs ブラジル、ロシア、インド、中国)。


 その中でも、中国とインドは特に注意しておくべきでしょう。


 米証券会社ゴールドマン・サックスが出した報告書によると、中国は2015年までに経済規模で日本を上回り、2039年にはアメリカも追い抜くとされています。


 また、インドも30年後には日本を追い抜いていくと予測しています。


 各国のGDPの予測を見ると、日本やドイツといった先進国が横ばいなのに対して、中国、インドは急激な右肩上がりになっています。


 アメリカも右肩上がりなのは御愛嬌ですが、問題はそのアメリカすら抜き去るという予測ですね。






 で、実際のところどうなのかは、ヤフーファイナンスで、チャイナ或いはインドと入れて検索してみて下さい。


 関連するファンド(投資信託)がずらずら表示されるはずです。


 立川ブラインド工業(7989)も表示されますが、100%インドとは関係ないので注意しましょう。


 1年では期間が短いので、2年或いは5年で見てみて下さい(投資信託は基本的に長期投資で考えないと利益を出すのは難しいと思います)。


 踊り場や調整時期があるので、期間を延ばすほど右肩上がりであることが分かりやすくなると思います(インドも今年の春に大調整局面でした)。


 日本も戦後、もの凄い勢いで経済復興を遂げましたが、両国も負けず劣らずの勢いで経済成長をしています。


 中国やインドを始めとする新興国の経済成長を黙ってみておくのはもったいないですよね。


 直接、株を購入するという手もあるのですが、よく分からない人にはファンド購入が便利です。


 配当金太郎さんも中国とインドに投資するファンドをちょくちょく購入してますが、日本での株取引やファンド購入が損失ばかりなのに、両国のファンドは好調で、現在50%近くの含み益をもたらしてくれています。


 両国へ投資するファンドはリスクの高い商品とされているので、購入には注意が必要ですが、リスクに見合ったリターンを得られる可能性は高いでしょう。


 分散投資の観点からも検討してみるといいと思います。


今日も応援ありがとう!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る