株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 ここ数年のイオンの株価の上昇と最近の落ち込みは、いろいろと考えさせられました。


 企業が拡大路線を走る時、売上高至上主義という厄介な病気にかかりやすいです。


 店舗の売り場面積が増えて、売上高がどんどん上がってと規模が拡大しているのはいいのですが、多くの場合それに見合った利益、そしてキャッシュフローを生みません。


 利益は売上から来るもので、売上高が増えることは良いことのように思えますが、肝心なのはその売上を利益、そしてキャッシュフローに結びつけられるかどうかだと思います。


 また、厄介なことに拡大路線を突っ走っているときは、株式市場も妙な期待感から株価を押し上げてしまうようです。


 利益拡大への期待感がはげ落ちると、当然株価は激しく下落します。


 この頃、企業規模の拡大の割に利益が上がらないことに気が付いた経営陣が、リストラとかテコ入れとか効率化とかいったことを言い出します。


 むしろ、拡大路線を修正し利益に結びつける体質に変わり始めるこの時が買い時なのですが、株価が下がっていくので今度は心理的に買いたくなくなります。


 さらに、急激な拡大は企業を足元で支えるスタッフの質の低下も招きます。


 ヒューレット・パッカードの教えによれば、拡大に合わせて優秀なスタッフを揃えなければ、偉大な企業にはなれないのです。


 とまあ、この辺りは急激に拡大していく企業にありがちなパターンだと思います。


 今後、縮む国内市場から軸足をアジアへ向けるようですが、利益を出す企業体質をきちんと固めていって欲しいところです。


 それから、米国衣料品子会社のタルボットが、ずっと業績の足を引っ張り続けています。


 前社長が買収してきた御自慢の会社だったと思うのですが、時の経過と共に負の遺産になってしまっているようです。


 企業買収は難しいということを改めて認識させられます。


 それからイオンモールの業績が良いばかりで、肝心の本業がイマイチ。


 モールに来てもらっても、他の魅力的なテナントにお客の足が向いて、本業の方では儲けられない構図が透けて見えます。


 利益率の高い衣料品が苦戦という話ですが、ユニクロ、ライトオン、良品計画、コムサ、その他諸々の魅力的なテナントと競えるような状態ではないので当然でしょう。


 他に気になるところと言えば、半端じゃない有利子負債の額です。


 こちらも早期に圧縮していかないと、金利負担がじわじわと収益を圧迫し始めるかもしれません。


 当面は株価を見ずに過ごすことになりそうです。


 と、悲観的な調子で書いてきましたが、あまり心配もしていません。


 あーだこーだ書いたことは、当然に認識して手を打っていることでしょうから。(仮に素人の私たちでも分かる課題を経営陣が認識している様子がなく、あるいは認識しているようでも何ら有効な策を打てずにいるのであれば、そのような企業とは縁を切るべきかもしれません。)


 それに、プライベートブランドのトップバリュは好調のようですし、環境ブランド調査でも毎回上位に顔を出しており、大方の世間様に支持される企業活動は維持していると思います。


 ウォルマートやセブン&アイに負けない企業になって欲しいところです。







 イオンの株主優待は、イオンモールで株主専用ラウンジが使えたり、一定の率でキャッシュバックをしてもらえたりと、非常に使える内容となっています。


 僕は、この株主優待のために、「ま、いいか。」で早々とエントリーしてしまいました。


 優待を狙って買うわけではないが、株価に大きな影響を与える大口投資家の存在を考えれば、優待はないものとして株価が高いか安いか判断する方がよいでしょう。


 もう少し待った方が良かったのでしょうが、短期的な株価の動きを追っても仕方ないので、納得して回復を待つことにしています。


 買い増しても良いのですが、実のところイオン以上に魅力的な値付けの企業がゴロゴロしていまして、当分後回しです。


 今までの経験からすると、他の企業を買っている間に、イオンがするすると上がっていくことでしょう。w


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 郊外型アミューズメント施設が、原油高による車離れを受けて苦戦中です。


 ゲーム事業でも、任天堂に打ち負かされているようですね。


 もっとも、WiiにDSと魅力的なプラットフォームを与えてもらったわけですから、得意のコンテンツを生かして魅力的な商品を販売していけば良いかなと思っています。


 バンダイナムコに関しては、投資収益は度外視です。


 もっともROEは改善傾向で、今後に期待です。


 小さい頃から慣れ親しんだ企業ですし、豊富なコンテンツをうまく生かしていけば、そこそこの成果はあげられると踏んでいます。


 あわよくば大ヒット商品を連発して、任天堂のようにならないかなと妄想しています。







 株主優待で1000円のおもちゃ券がもらえます。


 もっとも、この手の優待は、あくまで「おまけ」程度のものと考えておくのが良いでしょう。


 優待に目がくらむと、高値でつかみやすいです。







 誰にでもお勧めという企業ではありませんが、投資ポートフォリオには遊びの部分も必要と思います。


 ………僕のポートフォリオは、遊びと自己満足だらけなんですけどね。







 配当は基本を1株あたり24円とし、業績に連動するように配分しているようです。


 従って、24円を超える部分は業績次第で消え去る運命ですから、配当利回りを見る時には気を付けておかれるとよいでしょう。


 バンダイナムコに限らず、配当利回りを見るときは、その年の配当が特別配当によってかさ上げされたものでないか、一時的な増益によるものでないか、配当政策はどのようになっているのかをチェックしておかれるとよいです。(配当政策は有価証券報告書で確認できます。)


 利回りが高いと思って買うと、減配になることがよくあります。


 分かりやすいのは、減配になった後の利回りで納得して買う場合ですね。


 少なくとも、以前よりは減配のリスクが減っています。


 まあ、これとて連続減配とならない保証はないわけですが。







 ここの高須社長は、ものの分かった人のようです。


 以前、企画した事業に失敗して大損を出した社員さんが辞表を持っていったところ、一言「返せ。」と仰って辞表を受け付けなかったというエピソードが、テレビで放送されていました。


 こうやって再チャレンジできる企業風土があれば、萎縮せず次々と良いアイデアも出てくるのではないかと思います。


 特にバンダイナムコの事業は独創性が全てですから、こういう方がトップにいるのは心強いなと思って見ていました。


 当然、自分のお金の働き先も、こういう経営者のいるところが良いです。


 ついでに、楽しく遊ばせてもらえそうで、理想の働き場所です。


 現在、株価は冴えていませんが、世界へ事業展開しており、そのうち何とかしてくれるでしょう。


 世界中の子供たちが喜ぶ顔の分だけ、企業が成長していきます。


 バンダイナムコの投資収益とは、とどのつまりそういうことだと思います。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 株価は下がったまま、なかなか上がってくる気配がないですが、個人的にとても気に入っている企業です。


 自社株買いと消却はしてくれるし、きちんとROE10%の目標値をクリアするように目配りをしてくれるしで、まあそのうちなんとかなるでしょと楽観視しています。


 創業者の立石一真氏は、本田宗一郎氏や松下幸之助氏、井深大氏といった戦後復興を支えてきた名経営者達と遜色のない識見を持った人物だと思います。


 掲げた企業理念や活動、人類の未来を予測したSINIC理論など、惚れ惚れする人物です。


 現在は2代目の立石義雄氏が会長職に退き、創業家への大政奉還もないようです。


 思えば、ソニーやホンダもそういった事業継承をしてきました。


 同じ家から優秀な経営者を輩出し続けることは難しいでしょうから、当然の前提が出来上がる前に、こういった姿勢を打ち出したことは将来へのプラス材料と捉えています。


 事業の方はヘルスケアビジネスが身近ですが、実際はもっと多彩で、他にも業務・民生用機器や携帯電話などの制御機器の製造、自動車関係の制御機器の製造、自動券売機や自動改札機の製造、交通管制システムの構築といった事業も行っています。


 複数のベンチャービジネスからなる企業集合体、それがオムロンの企業形態であり、強みでもあると認識しています。


 もちろん、本業を外れるような形の多角化はしておらず、あくまで「感知し制禦する」という企業のコアビジネスに沿った形で事業を広げています。


 最近はパチンコ遊戯機関連が想定外の不調で大変だったようですが、自社のビジネスを見直す良い機会でしょう。







 オムロンの社長は作田さんです。


 あまり派手さを感じさせない方ですが、時折新聞紙上等で目にする御発言を読んでいると、安心してお金を預けておける方だと感じています。


 経営者の仕事は、自社の人的物的資本の最適な分配(投資)に尽きるわけですが、このことを良く理解していらっしゃることが御発言からもうかがえます。


 早い話が、経営者とはバフェットおじさんのような一流の投資家でなければならないということです。


 創業者一族を差し置いて選ばれた方ですから、相応の識見と能力をお持ちなのでしょう。


 個人的には、期待するところ大です。


 オムロンの企業統治は、この作田さんを中心に少数精鋭の取締役で固められ、産業再生機構で辣腕を振るった冨山和彦氏やダイキン工業の井上礼之氏を取締役に迎えています。


 正直な話、最強の布陣だとニンマリしているところです。


 これでこけたら、もう誰がやってもこけるので諦めがつくというものです。







 オムロンは京都の企業ですが、京都にはオムロン以外にも投資対象とすべき優秀な企業がゴロゴロしています。


 京セラ、日本電産、任天堂、村田製作所を始めとして、ローム、ユーシン精機、島津製作所といった企業も京都です。


 個人的には、どの企業も長期保有が可能と思っています。


 現在は、日本電産と任天堂が好調のようですね。


 調べてみると、きっと気に入ったパートナーが見つかると思いますよ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 建機では世界2位ですが、今後発展するアジア地域を軸に米国のキャタピラー君を華麗に抜き去る予定です。(注、個人的な希望的観測です。)


 最近、世界初のハイブリッド建機「PC200-8 ハイブリッド」を開発しました。


 環境対応型製品というのは、企業ブランドを構築する上で1つのキーワードになりそうです。


 今後もゼロエミッション建機に向けて、頑張ってもらいたいところです。


 将来的には、多脚式建機、二足歩行建機を経て、新型太陽炉か核融合エンジン搭載のモビルスーツ開発まで至る予定です。(注、個人的妄想です。)







 経営成績では、ここ5年の躍進はすさまじく、ROEはこの5年で6%から24%超へ跳ね上がっています。


 今後もこの状態が続いて欲しいところです。


 なお、ROEの改善が見られる企業を発見したら、お宝株かもしれませんので注意しておくとよいと思います。


 コマツも2003年度に6%程度だったのが、2004年度に12%を超え、2005年度には20%に到達しています。


 配当は2007年度までの5年で6倍になりました。


 大好きな企業がこういう風に大化けしてくれると、笑いが止まらないでしょうね。


 もっと早く買っておくべき企業でした。orz


 因みに、誰でも知ることができる過去の数字だけ見て満足し投資している場合、コマツや任天堂、住友金属工業といったお化け銘柄に出会うことは難しいでしょう。


 過去の数字が読めて投資が成功するなら、公認会計士さんは仕事なんぞしなくても大金持ちでしょうから。


 特に長期投資では、そんなことよりずっとずっと大切なことがあると感じています。







 鉱山機械は好調な資源国に対し価格転嫁が容易であり、またこういった国では建機需要も大きいと考えられるので、先行きは楽観視しています。


 仮に景気が冷え込んで失速しても、待てば海路の日和ありでしょう。


 資源高で奪い去られたマネーを真っ先に奪還するための、うちの切込み隊長です。







 その他の企業活動としては、地雷除去のための対人地雷除去機を開発し、アフガニスタンやカンボジアで地雷除去作業に参加しています。


 大馬鹿者が埋めまくった地雷を、根こそぎ除去してくれるでしょう。


 ご当地が石川県ということで、石川県出身であるヤンキースの松井秀喜選手を応援しています。


 松井選手銘柄という点でも注目です。w


 それから、柔道でコマツ所属の谷本歩実選手が北京五輪に出場しますよ。


 是非、カネ……じゃなかった、金を獲ってきて欲しいです。







 大好きな企業であり、良い企業だと思っています。


 愚直に良い建機造りをしてくれている限り半永久保有、下がれば問答無用で買増しです。


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 トヨタ自動車と同じく、こちらも外部環境は最悪に近いですが、全くもって心配していません。


 福井CEOは頼りになるし、ホンダマンの優秀さは改めて確認する必要もないことですから。


 事業の方はバイク、車に加えて、ロボット、ビジネスジェット、太陽電池を展開していて、保有しているとトヨタよりも楽しませてもらえます。


 耕運機や船外機なども扱ってます。


 最近、除雪機も造っているのを知って、感心してしまいました。


 福井さんは、技術は全て根っこの部分でつながっているということを仰ってますが、ホンダの多様な活動を見るとそれが実感できます。


 自動車の環境対策では、燃料電池車の動力源となる水素を太陽光発電を用いて水から造り、それを燃料電池車に供給するという実験をやっています。


 究極のエコカーの登場も、そう遠い未来の話ではないのかもしれません。







 財務を見ると、投資活動によるキャッシュフローに毎年大きな数字が刻まれています。


 営業活動によるキャッシュフロー以上の数字で、財務活動によるキャッシュインで投資活動によるキャッシュアウトを補っています。


 将来に向けて、アクセルを踏み込んでいる様子がうかがえます。


 投資のリターンは企業の利益によってもたらされ、その利益は企業の投資活動の成果ですから、この意味でホンダには大きな期待感を抱かずにはいられません。







 ホンダも海外展開には積極的で、あちこちに子会社を抱えています。


 最近、インド株ファンドのポートフォリオに「ヒーローホンダ」の名前を見つけました。


 この他にも、「マルチスズキ」なんてのもありまして、高い手数料を払ってインド株ファンドを買う必要があるのか、考えさせられました。


 今は、日本の国際優良銘柄にインドの国際優良銘柄、或いはインド国内で優位にある企業の株式を組み合わせて、長期保有(大きく下がれば買増し)に徹する方が良いと思っています。







 ホンダは四半期配当で、3ヶ月おきに配当金を振込んでくれます。


 株主優待もあります。(やや使いにくいですが。w)


 本決算の報告書と一緒に届くハガキで申し込めば、事業報告書やCSR報告書、環境活動報告書など、投資家向けの資料を無料で送ってくれます。


 個人投資家の育成にとても積極的な企業だなと、いつも感心しています。


 株式保有をした後、実際の経営で株主の方をきちんと見ていると実感できる企業であれば、株価がいくら下がろうが安心して保有を続けられると思います。


 金太郎氏の親友のお父さんがホンダに勤めていらっしゃって、この人がまた善良を絵に描いたようなホンダマンだったので、昔から大好きな企業です。


 とりあえず、ホンダファンなら持っておいて損はないと思います。


 ちょっと前だったら、PBR1倍の超お買い得価格だったんですけどね。


株は配当金を狙ってTOPに戻る