株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均は上昇一服で一休み。


 このあたりでうろついていてもらえるといいかな。


 あまり上がりすぎても居心地が悪いし。w


 株価は上がればいいというものではなくて、実体を伴って上がってなんぼ。


 材料や需給でグリグリ上がっても長続きしないのでは、長期投資の対象としても心もとない。


 できるだけ売り買いせずに済むのが理想的だ。





 フランスでツール・ド・フランスが始まった。


 ツール・ド・フランスと言えば、世界最高峰の自転車レース。


 自転車と言えば、日本の誇る自転車部品企業シマノだ。


 釣り具も育成中だが、やはり自転車事業の営業利益率が素晴らしい。


 輸送用機器分野の企業の中でも、従業員さんの平均所得が最も高く、事業の城壁の高さや収益の高さをうかがわせる。


 個人的にもかなり惚れ込んでいる企業さん。


 ツール・ド・フランスでも活躍中だ。


 投資を始めると、色んな企業さんに出会う。


 で、その製品やサービスに触れる機会もあり、どんなものかなと興味もわいて調べていると、当然、購買欲が刺激される。


 ここからが難しいところで、投資に振り向けるはずの資金が消費に回ることになりかねない。


 いい企業であればあるほど、この難しさがついてまわる。


 消費意欲との格闘は、長期投資の難しさの1つでもあるのだ。w


 自転車といえば、製造小売のあさひも注目している企業さん。


 現在、二代目の創業家若社長に交代している。


 創業者から意外に早くバトンタッチされた印象。


 今後もうまく事業展開していって欲しいところ。


 こちらは株主優待も設けている。


株は配当金を狙ってTOPに戻る