株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均は反発して200円以上の上昇。


 相変わらず変動が大きい。


 随分と値下りしたこともあり、少しポートフォリオの組み替えを行なう。


 最近の情報などから、経営、経営者に若干の疑問を持った企業の比率を下げ、値下りして割安と判断するより信頼している企業へ。


 差し当たり、今後10年大丈夫か、という視点でポートフォリオを眺めている。





 バンナムよりニュースレターが届く。


 昨年度は出来過ぎの感もある業績だったが、今年度は少し業績が落ちると想定しているようだ。


 コンテンツビジネスというのは、消費者をがっかりさせるようなしょうもない作品や商品を出さなければ、継続的独占的に事業の城壁内にファンを取り込める。


 うまくやれば営業利益率も高い数字が出て、思わず顔がニンマリ。


 自分も消費者の一員であれば、お金を払って売上に貢献して、その貢献は自分に返ってくるという循環をよりよく理解できる。


 こんな感じで、自分に近い企業を選ぶのが投資や事業を理解する早道。


 初手から大きく化けそうだというので、よく知りもしない事業に手を出すと、やけどをすることもある。w


株は配当金を狙ってTOPに戻る