株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均が12500円を抜いて相変わらず強い展開。


 デフレ脱却ということで、ここまで足を引っ張ってきた金融、不動産、証券といったあたりに光明が差している様子。


 我慢して仕込んできた方は、ニヤニヤしながら見ているところだろうか。


 TPP交渉参加で低迷していた海運株も好調になってきたようだ。


 というような感じで、うちのポートフォリオとはあんまり関係ないところがグリグリ上昇している。w


 で、そんな中、うちのなでしこ、資生堂さんたら業績低迷で社長さんが交代。


 んがッ! orz


 期待の若手社長さんだったが、心労がたたった模様。


 確かに、高い目標を掲げての経営ではあったが、政治外交問題のあおりを喰らい国内も冴えずと、目標達成どころではなくなっている感じ。


 御心労も当然、つーか、この状態で心労ないなんて言ってたら、人間性を疑います。


 期待の社長さんだったので、それでもタフにやってもらいたかったところだけど、止むなしかな。


 残念。


 でも本当の残念は、次の社長さんが候補にあがらず会長さんが復帰すること。


 人材の宝庫であれば、きちんと社内で育成をしていれば、社長さんが倒れる端から次々と雨後のタケノコのように候補が沸いてでてくるはず。


 つーか、業績低迷、社長交代で会長復帰というパターンは、昨年売却した某企業で見たような気が……。w


 期待している企業さんなので、悪循環から抜け出し、是非踏み止まって欲しいところである。


 まあ、株価自体は戻ってきてるし、大赤字出したわけでもなく平気。


 ポートフォリオ企業群、まだまだ低迷する企業もあり、追加投資、再投資先に困ることはなさそう。


 ただ、相場全体が強いので、警戒、様子見モードで暇こいた状態。


 できれば、この状態が長く続きますよふに。


株は配当金を狙ってTOPに戻る