株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均が12000円を抜いた。


 ……12000円。


 5年前、金融危機が始まった頃に、絶対防衛線としていた数字である。


 つまり、エヴァンゲリオンでいうところの、強羅。


 ガンダムでいえば、ア・バオア・クーである。


(↑ いい加減、そういう例えはやめましょう)


 実際はというと、あっさりと防衛線を破られ、散発的に豆鉄砲を撃ち込む屈辱の日々。


 本日、勢力を盛り返して、その12000円を突破!


 さあ、進め〜!


 目指せ、いつか見たあの高み、203(00)高地を〜!!


(↑ 少し鼻息が荒くなっている)


 うちのポートフォリオは、トヨタなど少し売った企業もあるけど、トヨタは相変わらず最大の投資先だし、すかさず別の企業へ投資したので現金保有比率はほぼゼロだ!w


(↑ 結構なすっぽんぽん具合です。再び潮が引かないことを願っております。)


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続きだよ


 ここからは警戒を厳にして投資を続ける。


 一部、既に業績を大きく先取りしていると思われる企業もある。


 期待を織り込んだと思われるものは、とりあえず無視だ。


 全般的な上昇相場の中でも、つまづいて株価が低迷する企業はかならず出てくる。


 優秀優良と判断している企業であれば、ちょこちょこと拾っていこうと思う。