株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 グリーが、また課金で問題を起こしたようだ。


 今の利益率であれば、多少の利益を犠牲にしても痛くはないはず。


 社会との折り合いをつけることを優先した方が長期的にはいいはずなんだけど、なかなかそうはならないのかな。


 凄まじい利益を出しているので興味をもって、監視ポートフォリオに加えていたこともあったけど、今は外している。


 そんな中、日経新聞のサイトに任天堂の岩田社長のインタビューが出てて、これが感心できる内容だった。


 なので、任天堂を買っていく気持ちを強くしたところ。


 こけている間に、できるだけ仕込んでおきたい。


 ユーグレナがとうとう1万円を超え、ストップ高の13150円。


 1株あたりの資本が542・1円だから、PBRが24・3倍。


 前12年9月期1株利益が91・6円だから、前期基準でPERが143・6倍。


 むぅ、一体何を織り込んでいるのだろうか。


 恐怖指数も低下しているようで、リスクを取りやすい環境とのこと。


 ということは、長期投資家にとっては段々とリスクをとりにくい環境になってきているわけだ。


 日経平均1万円程度なら、株式投資をしてても全く問題ないと思うけど、個別株での対応は気をつけておきたい。


 ジャンピングキャッチは何としても避けなければ。w


株は配当金を狙ってTOPに戻る