株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 一句。





 権利落ち


 配当以上に


 株価落ち orz





 日経平均がまたまた9000円を割り込んだ。


 やはり緩和の程度が足りなかったのか、はたまた中国経済の鈍化の影響か、なかなか上昇といかずにう~ん。


 うちのポートフォリオも国際企業に中国関連がさっぱり。


 気付いてみたら、もう中間配当の時期だ。


 怯まずに再投資に回していきたいが、いつまで続くんでしょう、この底ばい状態。


 アメリカは震源地のくせして、ダウ工業平均は値を戻しとるし……ずるいや。


 円の価値は上がってるけど、あまり嬉しくないし。





 各企業、今年のアニュアルレポートが作成されていて、ぼちぼち目を通してきた。


 株主も納得の高い業績目標を掲げている企業を見ることもしばしば。


 目標が達成できる頃には、日経平均も2万円くらいじゃないかな……たぶん。w





 最近、韓国のサムスンが水ビジネスに参入してくると報じられていた。


 先進国企業から技術者を引き抜いて研究開発の差を埋めるエグイ経営戦略も炸裂しているようだ。


 国の後押しもあって官民一体での攻勢で、ウォン安円高の中で日本企業が個別に対抗するのは厳しそう。


 何年か前に自分で設定していた投資テーマの1つで、方向性は間違ってなかったと思うんだけど、何か違う。w


 自分の大嫌いなやり方でビジネスを拡大してきて閉口させられるが、逆に言えば、それだけ日本企業のビジネスの進め方が甘くて、つけ込むすき間だらけなのかもしれない。


 こっちがやっていることを横目で見られて、うちもやれるぞと思われる。


 そして、実際に市場を奪われる。


 こんなに悲しいことはない。


 ともあれ、こういう相手に正面衝突しても仕方ない。


 顧客をよく見極めて、きちんと利益を確保できる立ち位置を見つけて頑張って欲しいところ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る