株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均は9000円を割り込んだままで、なかなかに厳しい展開。


 中国の景気が芳しくないようで、中国関連株が軟調。


 といっても、この中でも二極化が進んでいて、影響を受けているのはコマツなどの景気敏感株。


 ファーストリテイリングなど、中国国内で広がる消費の追い風を受ける企業さんは好調のようだ。


 他にも、ユニチャーム、ピジョン、良品計画、ファミリーマート、おもしろいところで、中国人観光客を取り込むオリエンタルランドもその1つとか。


 要するに、ディフェンシブ系の企業さんは好調ということかな。


 うちの監視企業でも、シマノ、ウェザーニューズといったあたりがグリグリ上がっている。


 この辺りは、既に仕込み終わっててニヤニヤ眺めていれば理想的だろうか。


 景気敏感株の方は、底割れもある程度覚悟しながら、じっくりと仕込んでおきたい。


株は配当金を狙ってTOPに戻る