株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 オムロンより株主優待で購入した簡易マッサージ機が届いた。


 公式には優待を設定していないんだけど、隠れ優待で自社製品の廉価販売をしてくれる。


 店頭価格よりわずかに安いくらいなんだけど、商品によっては大きく値段の安いものもある。


 送料、代引き手数料は無料。


 昨年から始まった優待企画だったと思うが、昨年は歩数計を購入して親にプレゼントさせてもらった。


 毎年、優待販売の対象は若干変わるらしく、今年は歩数計の選択肢はなかった。


 来年も隠れ優待が続いていれば、某企業のおかげで跳ね上がった血圧の測定に、血圧計を購入したいところかな。w


 ちなみに、今年の選択肢には睡眠計も入っていた。


 いろんなところで見える化が進んでいるようだ。


 ところで、届いたオムロン製品なんだけど、よく見れば中国製。


 少し前に購入したアップルのiPadも、注文書を見たら上海から送られてきていて興味深かった。


 そういやトミカの86も中国製だった。


 他のアジアの国々が市場に参加して来る中で、どれくらい世界の工場を続けられるだろうか。





 パンダの赤ちゃんが残念なことになってしまった。


 その昔、上野動物園に行ったとき、お目当てのパンダ君が子づくり出張中で拍子抜けしたことがある。


 そんな経験をした身としても、とっても残念。


 そして、そのパンダ銘柄として、精養軒や東天紅が上下動。


 株式市場というのは、本当に面白いところだ。


 精養軒は上野を訪れたときに、名物のハヤシライスをいただいているレストラン。


 投資を始めた頃に投資対象として考えたこともあるが、まさかこんなことで再び目にすることになるとわ。w


株は配当金を狙ってTOPに戻る