株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 ○ニー君より株主総会招集通知が届く。


 さあ、新体制はどんなんかな~。


 さすがに4期連続も赤字を出し垂れて、のこのこ取締役会に残る恥ずかしいことはしないだろう。


 錚々たる肩書きを持つ社外取締役の面々も、自分たちが認めていた経営体制が4期も赤字を出したことに責任を感じて、他の適任者にバトンタッチされるだろうし。


 そうでなかったら、恥ずかしくて表を歩けないよね。


 人事に多少の問題はあるものの、若返りした新社長さんのもとで将来有望な取締役会ができているといいな~。


 ……。


 ………。


 …………。





 ほとんど変わっとらんやないけ! (/;_ _)/





 見た瞬間、血圧がはね上がってしまった。


 ぜはー、ぜはー、はっはっふう、はっはっ、ふう。


 なんて心臓と血管に悪い会社なんだろう。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続きだよ


 まず、前会長兼CEOが相も変わらず取締役会に居残り、なんとまあ、議長に就任。


 責任取っとらんやないかい!


 復興構想会議のメンバーに名前を連ねておった方もしっかり居残る。


 なんじゃ、そら!


 14人の取締役候補のうち、新任は新社長さん含めても3人だけ。


 げげッ、まさかそんなバカな、○ニー君ほどの大会社の取締役会に名を連ねている世間的にも立派だと思われているに違いない人が責任をとらないの!?


 こんなのは序の口だ。


 所有する当社株式の数の欄を見てみよう。


 ええと、新社長さんはと……。





 ○ニーの株式持っとらんやないけ! (/;_ _)/





 あなた、御自分で○ニーの新CEOになりながら、復活を信じてないでしょ? (ToT)


 新社長さん含めて、14人の候補者のうち、5人が○ニー株式の保有なし。 orz


 復活を信じてたら、復活させる自信があれば、かなりの額を○ニー株に突っ込みますよね?


 もし僕だったら、思いっきり買い増ししてますよ。 (ToT)


 後ね、この前、新社長さんが黒塗りの高級そうな車に乗ろうとするところで、取材を受けているのをテレビで見ました。


 僕は、こんなに赤字を出して、従業員もリストラしたんだから、てっきり中古のママチャリでお出かけされてるんだとばかり。


 雇用削減を伴うリストラをするなら、先に見直すところが社長さんの周りにいっぱいいっぱいいっぱいいっぱいあるんじゃないですか?





 あれ、よく見たら、うちの保有する某大手総合商社の会長さん、まだ居残っているじゃありませんか。


 僕はねぇ、僕はねぇ、うちの某商事の株主総会報告書をね、エコエコ優待で植樹してもらえるというのでメール通知にしてもらっているからネットで見たときに、会長さんの重要な兼職状況の欄に何も書かれていなかったから、てっきり○ニー君の取締役はお辞めになったとばかり思って、さすがうちの会長さん、恥というものを知っていらはると、○ニー君の「愉快ナル理想工場」の事業なんて超優秀なエリート商社の、それも会長さんになるほどの方が分かるわけはないんだからと、てっきり潔く身を引かれたと思って……。





 ぬか喜びやんけ! orz





 ああ、もう某商社の方まで心配になってきた。


 あ、でも、うちの保有する某大手自動車会社の会長さんは、今回で御退任の様子。


 これはよかった。


 ○ニー君にのこのこ顔を出す前に、若社長が頑張ってるのをしっかりサポートしてあげてくだされ。


 そして、故大賀元会長に「○○○がそんな奴だとは思わなかった」と憤慨されたという方も今回で御退任のご様子。


(○○○は「さよなら!僕らのソニー」という本に書いてあります。←あ、名前がバレた。w)


 こんな状態の取締役会に名を連ねることがどういうことか、どれだけ今まで築き上げた名声や信用を傷つけるか、ホントによく考えた方がええと思われます。


 やっとる仕事の割に、カネはたくさんもらえるでしょうけど。





 昨今、ハーバード大学のサンデル教授が、「正義」について対話型の授業を公開でやってくださり、とてもおもしろく見ていた。


 このように「正義」を積極的に意味付けようとする立場がある一方で、ノーベル経済学賞を受賞したインド人のアマルティア・セン教授は、人によって異なる「正義」の概念を検討するよりも「絶対的な不正義」を確定して、それを根絶する方が先だというお立場で、「正義」の論争には加わっていないという話も読んだ。


 そんな話を頭の片隅におきつつ、半藤一利さんの「昭和史」や「ノモンハンの夏」を読んでいたら、半藤さんが「絶対悪」なるものを旧関東軍の参謀に見たと書いておられ、妙に印象に残っている。


 前振りが長くなったが、自分も、それらしきものを見た思いだ。


 金融危機が始まった頃、ホンダの福井社長が早々に退任すると発表され、伊東社長にバトンタッチされた。


 (ホンダは社長経験者を会長にしないので、現在は相談役。)


 赤字を出したわけでもないし、好きな社長さんだったので、どうしてかなと残念に思ったことを覚えている。


 ○ニー君の経営を見てきて、その理由が何となく分かってきた。


 会社は頭から腐っていく。


 僕は、もう、ここの取締役会に名を連ねている人を信用できない。


 ○ニー君の従業員さん、ごめんなさい、頑張って保有してきましたが限界です。


 こんな状態で復活しても嬉しくありません。


 それどころか、もう○ニー製品もどうでもよくなってきました。


 買ってもこんな人たちの懐を潤すだけかと考えると、腹立たしいです。


 まだ総会決議はされていませんが、決議案はすんなり通るのでしょう。


 大株主の意向は、確かめているのでしょうから。


 一個人投資家に送られてくる議決権行使書など、あってもなくてもどうでもいいものでしょうし。


 なので、ここでお別れです。





 さよなら!僕の○ニー君

















 あ、そうそう、最後にもう一言だけ。





 カネ返せ。 p (―_―)