株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2012年5月25日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  武田薬品工業           5・45
2  東燃ゼネラル           5・44
3  NKSJホールディングス     5・34
4  大日本印刷            5・31
5  みずほFG            5・22
6  中部電力             5・20
7  三井物産             4・99
8  住友商事             4・84
9  旭硝子              4・81
10 伊藤忠商事            4・78

11 丸紅               4・75
12 NTTドコモ           4・75
13 NTT              4・71
14 エーザイ             4・71
15 大東建託             4・64
16 第一三共             4・63
17 三菱商事             4・56
18 三井住友FG           4・35
19 科研製薬             4・32
20 MS&ADインシュアランスG   4・28

21 平和               4・27
22 DIC              4・23
23 コスモ石油            4・19
24 アステラス製薬          4・17
25 オンワードHD          4・14
26 三井住友トラストHD       4・13
27 小野薬品工業           4・12
28 昭和シェル            4・09
29 信金中央金庫           4・09
30 リコー              4・07


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 日経平均は8580・39円、TOPIXは722・11ポイントで、さっぱり冴えていません。


 ギリシア問題に中国を始めとする新興国の景気も不安視され、年初からの上昇を消してしまいました。


 株価が下落したので、配当利回りも香ばしい臭いが立ち込めています。


 ただ、前回から名前を消した企業さんもあり、減配等の影響かと思われます。


 安定配当を狙うのなら、事業内容と業績動向は慎重に見極める必要ありかもしれません。


 まあ、どこもそれなりに問題ありと考えられているから、この配当利回りなんでしょうけど。w


 ランク外の優良企業も軒並み株価を下げていたと思います。


 こういう全般にすっこんと急落した局面では、あまり利回りにこだわることなく、自分がこれと思う優秀な企業を仕込んでおけばいいのではないでしょうか。


 昭和シェルがランクインしてきました。


 金融危機以降、配当を半額にしたことでランク外に消え去りましたが、さらに株価が下落してきて再びのランクイン。


 増配してランクインしている総合商社と比較すれば、ランクインの意味合いが異なることは指摘しておきたいところです。


 保有継続中で痛し。w