株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均1万円を奪回しない間に、またぞろ景気やヨーロッパへの不安感が出てきたようだ。


 上がっても、すぐに勢いを削ぐ雰囲気がでてきて嫌な感じである。





 最近、「金融危機とマクロ経済」という本を読んだ。


 最前線の経済学者さんによる論文集で、ちんぷんかんぷんの部分もあるんだけど面白かった。


 かねがね金融工学やパッシブ運用に対して疑問を持っていたこともあり、正規分布とベキ分布の違いや脆性破壊現象、企業のネットワークについて論じられている「金融市場におけるリスクと特性」は特に興味をひかれた。


 他にも、「金融革新と銀行行動」という論文は、銀行の貸出行動の変化と審査機能の低下がバブルを生じさせることを指摘していて、興味深かった。


 バブルの裏に過大な借金(貸出)があること、銀行がなぜそのような貸出をしてしまうのかということは、知っておくべきことだろう。


 最後に総括として岩井教授が執筆されているので、これだけでも読んでおくと勉強になる。


 もちろん、投資にも生かせるはず……一緒にバブルダンスを踊らない人に限り。w


 ちょっと敷居は高いけど、分かる部分だけでも読んでおくとよいと思う。





 原油高を受けて、ガソリン価格が上がっているようだ。


 世界的にはインフレ基調なんだろうけど、さて我が日本はどうなるんでしょ。


 原材料価格の上昇を製品価格に転嫁できない事業は、今後苦戦を強いられるかもしれない。


 自分の保有企業が製品価格をどうしているのかは、よく注意してみておこうと考えている。


 価格決定力を持つか持たないかは、企業の強さを見る上でも参考になるからだ。


 また、赤字を出していないか、住商の考える資本コスト7・5%を参考に、きちんと保有資本に見合った利益を確保しているかもみている。


 ……トヨタ君、今年あたりそろそろ頑張ってくれないと、レッドカードが出そう。w


 そういや、86にたくさん予約を入れていただいたようで、やぱしクルマ好きな人を見放すようなクルマづくりはいけないよねと、改めて認識させられた。


 ホンダ君もNSXを再開発するみたいだし、公道でうちのお金のお仕事が見える日が楽しみである。


株は配当金を狙ってTOPに戻る