株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 ストップ安の制限がなくなり、エルピーダ株が247円安の7円に大暴落。


 もう無価値だろう。


 改めて半導体の恐ろしさが身に染みた。


 今後に生かしていきたい。


 よく見たら、うちのSBIホールディングス傘下のSBI証券が上位株主に名前を連ねとるがな!


 ちょっと待て、うちの信越化学も出資していたような気が。


 どうやら間接的にではあるが、多少の打撃を被ったようである。





 日経平均は次第に上値が重くなっている感じ。


 1万円奪回を目指して頑張ってほしいところ。


 2007年の金融危機開始から5年、我慢して落ちたところをコツコツ拾ってきた人は、すでに相当のポートフォリオができ上がっているはず。


 信越化学の金川会長は、2006年に株価が跳ね上げたときに新規投資案件を凍結していたという話を読んだ。


 一本調子で上がることはあり得ないが、先々のことも今から考えておくべきだろう。


 下がったら買っていくと決めているので値下りの対応は簡単なのだが、一旦株価が上がると動き方が難しくなるので意外と厄介である。


株は配当金を狙ってTOPに戻る