株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均は9000円を巡っての攻防。


 ……これくらいでは、おいらの冷えきった心と含み損は埋まらんのぢゃ!


 反転はしているので、差し当たりは様子見が続く。


 2月決算企業の権利落ちが近付いており、配当取りを勧める記事もチラホラ。


 比較的業績の底堅い小売業が多いので、気にいったものがあれば買っておいてもいいかもしんない。


 株主優待も、美味しい企業さんが結構多いのだ。


 米アップルが500ドルに達する勢い。


 そう、あれは金融危機の真っただ中。


 1人のあんぽんたん投資家が、火の噴いた自分の保有株の追撃買いに大わらわであった頃。


 80ドルになったアップルを横目にしながら、アップルかな~、ソニー君かな~、アップルだと手数料高いし、小出しに追撃買いしにくいしな~、ソニー君の復活にかけるかな~。


 そして、資金面の問題から二者択一の投資先のうち、外した方は時価総額世界最大のエクセレントカンパニーに。


 選択した方は、4期連続赤字連発、それでも言い訳に終始しごめんなさいの一言も聞こえてこない「優秀な」経営陣への不信感を抱いたままアホールド態勢に突入。


 現在、我がポートフォリオ中、最悪の赤字企業に。


(唯一かと思ったら、ちょい赤の企業がまだあったよ。w)


 これを失敗と言わずして何と言うべきか!


 もう涙で前が見えましぇん。


株は配当金を狙ってTOPに戻る