株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 初手の大発会を無事に上昇して終了。


 ただ、3月にかけてユーロ各国の国債償還が控えているようで、警戒はしておくべきなのでしょう。


 無事に通過しても、信用問題というのは根が深そうです。


 先行きは依然不透明ですが、それゆえに株価は魅力的な位置につけていると思います。


 今年もやることは変わらず、自ら信じる良い企業の値下りを時間を分散しながら慎重に買い下がります。


 日本株が低迷している間は、対象は日本株です。


 それでは今年もよろしくお願い致します。


株は配当金を狙ってTOPに戻る