株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 古本屋にて書棚を眺めていると、あるわあるわ、投資本の数々が。w


 買って勉強してみたはいいものの、市場環境のあまりの悪さに「あかんわ、こりゃ~!」と売っぱらわれたものだろうか。


 投資の本というのも、なかなかに意味深である。


 多くの場合、著者が書いているような成功体験を共有できることはないだろう。


 理由はいろいろあるんだろうけど、多くは株式市場にやってくる時期の問題ではないだろうか。


 投資本が書店に並んでポンポン売れる時期というのは投資に適しておらず、古本屋に投資本が売られてズラズラ並ぶ時期というのは絶好の投資ポイントではないかと考えている。w


 今がまさにその時期だと思うのだが、多くの人は投資なんかしたくないだろう。


 簡単ではあるが、難しい問題である。





 今年も残り少なくなってきた。


 痛い年になってしまったが、値下りした強い企業をポートフォリオにお迎えすることができた。


 大きく売られ、下に張り付いたままの中核企業の買い増しもコツコツと進めた。


 来年こそは上がって、一旦、追加投資のストップができれば嬉しい。


株は配当金を狙ってTOPに戻る