株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 年末になり、中間報告書とともにカレンダーが届いている。


 2012年も間近で、そろそろ危機が一段落してくれんかいなと気をもんでいる。


 サブプライムショック、リーマンショック、ギリシア危機、ユーロ危機と次から次に襲ってきて、さすがに気も萎え気味だ。


 悪いことを数えればキリがないが、良いことと悪いことは表裏一体のようなもの。


 株価が値下りしたまんまなので、自分の思う企業でポートフォリオを強化することはできた。


 投資を続けていると、これはどうしても出資しておきたいと思う経営者に出会うことがある。


 自分でいえば、日本電産の永守社長、信越化学の金川会長がそうで、今年の収穫である。





 トヨタが業績の下方修正を発表した。


 本日も日経平均が上昇する中、あっさりと利益確定売りを浴びていた。


 円高、震災、タイの洪水と、もう笑うしかない状況だ。


 えへへへ。


 えへへへへ。


 えへへへへ~ん、え~ん、え~ん。 (T_T)


 そういえば、東京モーターショーなどで86がお披露目されていた。


 どれくらいの需要があるのかは分からないけど、こういうクルマもまだ造れるんだと分かって嬉しくなる。


 安くて良いクルマなら、韓国車でも十分。


 安いクルマなら、インドで衝撃的な価格のクルマが出てきた。


 トヨタが今後どういった展開をしていくのか、期待しながら見ている。


株は配当金を狙ってTOPに戻る