株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均で見ているとリーマンショック後の最安値より上にあるけど、TOPIXで見るとその最安値圏。


 寒々とした状況ながら、ちょこまかと豆鉄砲を撃ち込んで反転を待つ。


 先日、ようやく切り返し上昇して反転の兆し……であって欲しい。


 前回の底値のときと違い、現在は自分が何をやっているのか、より理解できている。


 なので、前回の底値の時ほど切羽詰まった感じはない。


 危機後の回復局面で景気敏感株の買い増しをストップし、困った感の強かった企業から優良企業へと資金をシフトしておいたこともあって、ポートフォリオ上の打撃もそれほどではない。


 といっても、比較の問題なんだけど。w


 トヨタを筆頭に痛々しい状態の保有株もあるが、今後に期待ということで、できる範囲で追撃買い。


 後は、なるようになれだ。





 さわかみファンドの最新レポートは、オリンパスの名前こそ出ていなかったものの澤上のおじさんの無念がにじみ出てくるような文面。


 問題が指摘されて株価が急落した時に買い向かったが、不適正な会計処理が明るみに出て全面撤退となったようだ。


 さわかみファンドの投資方針からすれば、内視鏡で圧倒的な強さを持つオリンパスは避けて通れない企業だっただろう。


 さわかみファンドの失敗は自分の失敗でもあるので、反省材料にしておきたい。


 問題があったときの運用の仕方は、参考になった。


 市場の信用を失うような行為に対しては、縁切りの売りで対応するということだ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る