株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 伊藤園から事業報告書と共に株主優待が届いた。


 自社飲料詰め合わせで、いろいろな製品が楽しめる。


 人気が高いというティーズティーも、ベルガモット&オレンジとアップルが入っていた。


 ベルガモット&オレンジは発売当初に買って飲んでみたら、すっきりした味でとても美味しかった。


 暑い夏にはぴったりの飲料じゃないかな。


 まだ飲んだことがない方は、是非試飲されたし。(←さりげなくアピール)


 http://www.teastea-ny.jp/


 あまりに株価が下がるので、ええんかいなと思いつつ優先株を購入させていただいた。


 今のところ、問題は感じていない。


 普通株より配当が大きく、普通株より株価が安いので、配当利回りは高い。


 議決権の行使はできないけど。


 普通株の方は、うちの主力企業が値を戻して余裕ができた時に、優先株との価格差が縮まっていれば買おうかなと考えている。


 この価格差なら、議決権を手に入れるためだけに普通株を買うのは、ちと躊躇するものがある。


 優先株は取引の厚みがないという流動性の問題があって、資金の多い投資家の資金が入りにくいようだ。


 加えて、優先株発行直後の増資で需給が悪化したのが、そのまま定着してしまっているのではないだろうか。


 優先株の自社株買いもやっていたと思うけど、なかなか普通株との差は縮まらない。


 何にしろ、資金の少ない長期保有の個人投資家にしてみれば、気にするほどのこともないかなと考えている。


株は配当金を狙ってTOPに戻る