株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 HSBCインドオープンに続いて、HSBCチャイナオープンについてです。


 こちらは中国の主要企業に投資するファンドですね。


 配当金太郎さんは、インドオープンより少ない金額をこちらにも投資しています。


 投資比率が大体、インド5に対して中国3くらいですね。


 ちょこちょこ追加投資しているので正確な数字は分かりませんが、こちらも50%程度のプラスになっていたと思います。







 それで投資先としての中国ですが、民主主義を採るインドと異なり、共産党の一党独裁という政治システムのリスクがあります。


 これは近時言われている格差拡大と相まってリスクを倍増させます。


 つまり、落ちこぼれた人が自分の意見を政治に反映させることができずに、革命などの暴力的手段によった場合、投下資本がどうなるか見当がつかないということですね。


 次に、ちょっと前に言われていたことですが、チャイナリスクとして会計上の不正があげられると思います。


 経済成長などを示す指標や企業業績が、好調を装って出した数字である可能性が高いということですね。


 それから、最近では圧倒的な貿易黒字と中国政府の為替介入の相乗効果で、外貨をため込んでいます。


 今や、日本を超える外貨準備高を誇っているようですが、今後無理に抑えてきた人民元高が加速すれば、一気にインフレが進んで金融破綻を来す恐れがあると指摘されています。


 最近は、人民元高で対中投資も減少傾向のようです。


 現在は、舵取りが非常に難しい局面に来ているようですね。


 他には、周りをロシア、北朝鮮、インドといった国に囲まれており、アメリカからはライバル視され、また台湾問題や少数民族自治区も抱えてと、絶えず政治的緊張を強いられます。







 まずリスクをずらずらと上げましたが、それでも今後は確実に超大国への道を歩んでくるでしょう。


 政治的には付き合い方が非常に難しい国ですが、投資先としてはやはり魅力は大きいと思います。


 世界一の人口を抱え、市場も急激に拡大中。


 後は、世界の工場と言われ投資を受けて得たはずの技術などを、どのように生かしていくかなんでしょう。


 もうすぐ北京五輪も控えています。


 日本と同じ道を歩むとすれば、この五輪でさらに弾みがつくということになるんでしょう。







 金太郎さんは、中国はインドと比べて若干リスクが高いかなと思い、投資比率を下げています。


 分散投資したければ、中国だけでなくブリクス諸国に投資するファンドもあります。


 金太郎さんは余計なところに投資したくないので購入していませんが、検討してみるといいでしょう。


 魅力は感じるけど、怖いなと思っている方は、金太郎さんのようにまず少額を投資してみるという手があります。


 金額指定の分配金再投資型だと1万円から購入可能です。


 後はドルコスト平均法と同じで、情報を得ながら追加投資していけばOKです。


 1年に1回は調整時期があるので、その時期を待って基準価額が下がった時に購入してもいいでしょう。


 HSBCチャイナオープンもブリクスファンドもイーバンク銀行新生銀行などで購入出来ます。


 ネット証券でも購入出来ますが、口数指定では分配金が再投資されないので、分配金の欲しい人以外は金額指定のできる金融機関からの購入の方がいいと思います(分配金再投資型のススメを参照)。


今日も応援ありがとう!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


 

コメント
この記事へのコメント
中国が五輪を皮切りに、日本のような急成長を続けたらそら恐ろしい感じがします。
でも、そうなると今の政治体制では維持できなくなるかもしれませんね。

そういえば、左側にあるアクセスランキングに3位に入っている。
本物のランキングのようにうれしく思ってしまいます。
2006/11/09(木) 00:19 | URL | muramura #-[ 編集]
中国の政治体制は、早晩見直しを余儀なくされるでしょうね。
あの広大な土地を治めるには、独裁の方が効率がいいんでしょう。
でも、ニュースを見れば地方では腐敗がはびこり、弱者いじめが蔓延しているようです。
こういうことを続けていると、歴史上は暴動や革命が起きてえらいことになりますよね。
中国には民主主義で選ぶより、優秀な人間が統治する方がよいという考え方が強いと聞きました。
まあ共産党が自己を正当化するために言ってる面も無きにしもあらずですけど。
その優秀な人間とやらが舵取りを誤れば、日本にも波及してくるでしょうね。
不気味な感じです。

ランキングはね、きっとmuramuraさんのブログで私の書いたコメントを見てきてくれてる人の分もカウントされてるからですよ。
上位の人は、コメントでのやり取りがある人が多いです。
2006/11/09(木) 00:58 | URL | muramuraさんへ #-[ 編集]
株価チャンネルの株価ちゃんですm(__)m。
”コピペ”で申し訳ないのですが、ご報告でつ。

【株専門のランキングサイト】ができました(≧∇≦)/。
完全に株仕様のサイトでつ。

現在オープニング作業として、1,000件以上に及ぶ【株関連のブログ様】を対象に、このようなご報告にあがらせて頂いております。

ですから、今後少なくとも1,000件以上のアクセスは見込めると考えております。

ランキングに参加して頂き、更新PINGさえ送信して頂ければ、ランキングの順位に関わらず確実に貴殿のブログが株価チャンネルのTOPで紹介されます。誰にでもトップになるチャンスがあります。

どうかこのチャンスを貴殿の株日記のPRにご活用下さい。

http://www.kabuka-ch.com/ranking.html
↑ランキング参加方法

http://www.kabuka-ch.com/sinchaku.html
↑更新PINGの送り方

以上、なにとぞよろしくお願いしますm(__)m。
2006/11/09(木) 01:08 | URL | 株価ちゃん #-[ 編集]
お誘い有り難うございます。
検討してみます。
2006/11/09(木) 22:45 | URL | 株価ちゃんさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/83-e11fd41b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
はじめまして、トラックバックで失礼します。オンライン証券に関するリンク集を作成しています。ぜひ、登録をお願いできませんでしょうか。トラックバックで登録できます。よろしく、お願い致します。
2006/11/11(土) 20:52:17 | @時代の言葉 口コミ情報