株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 上がったり下がったりで忙しい相場展開。


 ボラティリティ・インデックス(恐怖指数)が徐々に高くなっているようだ。


 不安も大きいが、なでしこ効果で跳ね返して欲しいところ。


 自分のポートフォリオは大型株中心で構成していて、しかも世界需要を取り込めるように国際企業が中心。


 なので、内需関連の調子がいいとされる現在は、完全に出遅れ。w


 本日付日経新聞に、最高益や売上高の最高額を更新した企業が紹介されていた。


 まあ、ものの分かった投資家さんなら、改めて見るまでもないんだろうけど、チェックしておくと参考になる。


 保有企業が名を連ねていると嬉しいが、取りこぼした企業があると「しまった!」と思ってしまう。


 そんな企業の1つが、スタートトゥデイ。


 金融危機の最中、底値の500円前後で「う~ん、良い事業みたいなんだけどな~。よく知らないしな~。多少は知っとる企業でも、痛い目にあったしな~。その前に、他の保有企業が火を噴いとるしな~。」などということを考えつつパス。


 そして、株価は1000円になり、「う~ん、しまったなぁ。でも、もっかい下がるかもしれないしな~。500円に向けて二番底をつけたらいったろうかいな~。」などということを考えつつ、ここでも見送り。


 そして、その後、ものの見事に二番底来ず。


 株価は3分割された後で、2000円に到達。


 そう、金融危機の底値で買っていたら、500円が6000円である。


 1単元で55万円を見事にスルーパスしてしまった。w


 まあ、マンガーじいじも「よく知らないなら見送ればいい」と仰っていたはずだし、過ぎたことは忘れよう。


 株主にはなれなかったけど、震災復興Tシャツを購入して、企業活動を応援しておいた。


 素早い動きで、しかもTシャツを着て動き回ってもらえば企業の広告も勝手にできてしまい、消費者には自粛を避けてお金を動かしてもらえ、さらに義援金募集と一石二鳥にも三鳥にもなる。


 やるな~と感心してしまった。


 ROEは50%に達しているらしいが、それも納得だ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る