株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 コマツからも総会招集通知が届いた。


 いや~、もう何を議題にされても賛成してしまうわ~。


 何もチェックせんでも手放しで「ええんよ、ええんよ、好きにやっとったらええのんよ~」と言うてしまいそうだわ~。


 ………。


 いかんいかん、こういう時こそケツの穴を引き締めてかからねば。


 そう、好調な時が一番危ない。


 現在、マスコミでチヤホヤされる企業の1つは、間違いなくコマツ。


 経験則上、危険度が最も高いのである。


 ちなみに金融危機前、チヤホヤされていた企業を思い出せば、トヨタ自動車と任天堂。


 現在はどうなっているか、金融危機前に買っていたらと思うと鳥肌が立ってしまう。


(でも、金融危機後に買って、やっぱり鳥肌が立ってしまったのは秘密だ。)


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 取締役の兼任について注意していると書いたけど、コマツの坂根会長も功成り名を遂げて3社の社外取締役を兼任されているようだ。


 うちの寅さんも他社へ放浪中みたいなのよ~。


 ちなみに、野村ホールディングスさんと東京エレクトロンさんと旭硝子さんとこ。


 会長職に引けば実務上も余裕ができて、話がくれば断りにくいのだろうけど、ちょっと残念。


 リーマンショック以前に業績好調だった企業の会長さんが、よその取締役なんぞに名を連ねていて、環境の変化でど~んと株価が下がったのを見ている。


 なので、少し心配している。


 先日の日経に出ていた海外売上高比率では、コマツは81・1%で9位にランクインされていた。


 コマツでも9位、まだまだ海外で頑張っている企業さんは多いのだ。