株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 踏んだり蹴ったりの数年を過ごしたけど、アメリカで安全のお墨付きをもらって、徐々に反撃の態勢が整ってきた。


 散々いじめてくれたけど、最強企業には御愛嬌だ。


 トヨタヨタ状態も卒業かな。


 トヨタ自動車は、日本での生産にこだわるという話だった。


 日本電産も同じ態度だったと思う。


 目先、海外生産を重視している企業が、円高抵抗力の大きさで強い回復力を示しているようにも見える。


 でも、この先、円高から円安へ相の転換が起きれば、日本で生産力を保持している企業も急激な回復をする可能性があると思う。


 しっかりと待ったご褒美の味は、格別のものになる……かも。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 ワールドビジネスサテライトで、ロボットを取り上げていた。


 前々から興味のあった投資テーマで、四季報に目を通しているときも、ぴくっと反応してしまうキーワードだ。


 番組では、安川電機とパナソニックのロボットが紹介されていた。


 この他、ファナックは知っておきたい企業さん。


 ただし、富士山の噴火には御注意を。


 富士山の麓に会社があり、リスク要因の1つだそうだ。w


 ここも日本での生産にこだわる企業らしい。


 トヨタやホンダもロボット技術を研究している。


 他にも関連企業はたくさんあって、おもしろいテーマだと思う。