株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

<オムロン社長交代>


 作田社長が会長になり、創業家の立石会長が名誉会長になって、代表権も返上するみたいだ。


 新社長さんは40代で、何日か前の日経新聞の記事を読む限り、期待のもてそうな感じ。


 創業家色が弱まると同時に、会社も新鮮味を増すのかな。


 来るべき株主総会の取締役選任投票では、ズビッと賛成票を投じるつもり。(今のところ)


 昨日は中国の金融引き締めで、オムロンが売られたと日経のマーケット欄に記事が出ていた。


 コマツ、三菱商事も強烈に下がった。w


 中国関連は、注意しておきたい。





<HOYAどたばた>


 ネット記事で、創業家の株主さんからペンタックス買収に関して、監査委員会が提訴を要求されたと報道されていた。


 ペンタックスのカメラ部門は切り離すという報道が、ずっと以前に日経新聞で報じられて、このブログでも書いた記憶がある。


 日経の記事は結果的にガセネタだったようで、今でもペンタックスのカメラ部門は切り離されていない。


 創業家の株主さんからすると、損失を被るような企業買収に我慢がならないのかな。


 昨年の株主総会でも、現経営陣の一掃を提案して、あっさりと否決されていたと思う。


 この御時世にどたばたしていることを嘆くべきか、どたばたしていられる会社であることを評価すべきか、実に悩ましい。w


 改めて、企業買収の難しさも考えさせられてしまった。


 この騒動は形を変えつつ当分続きそうな感じ。


 経営に影響が出ないといいけど。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


<ばいばいチンタイガー>


 ぐぐ~んと株価が伸びてきたので、ここでお別れすることにした。


 なかなか楽しき投資の日々でごじゃりました。


 でも、経営統合されたら、何が何やらよう分かりまへん。


 エイブルの方が名前も前に来て、主要事業っぽいし。


 現在のところ、不動産セクターの中でも、仲介・広告と比較的安定的な収益を出すことのできる事業だとは思うのだけど……。


 四季報を見ると、経営統合前のチンタイの売上高営業利益率は20%で、エイブルは10%もない。


 売上高はチンタイの2倍強あるのだけど、合体後の予想売上高営業利益率は10%程度。


 同じような業態なら、住友不動産販売という選択肢があって、分散分散と暴落時に小さな単位でちょこまか買った時に、一緒に買っている。


 自分としては、こちらの方が確信が持てる。


 配当利回りの高さからも、多少の未練を残しつつ、さいなら~。





<レクサスの新型CT200h>


 なかなかに良い感じの車がでてきた。


 デザインはまだまだ保守的かな。


 後部の窓のデザインで若干気を吐いた感じ。


 もっとかっこよくて、もっとワクワクする車が出てくると嬉しい。


 若者のクルマ離れが言われるけど、絶対に欲しくなるクルマが出てこないせいもあると思う。


 売れるクルマ、売れるクルマで、金太郎あめのようなクルマづくりをしてきたツケは小さくない。


 日本車にイタ車(痛車?)のようなセクシィーさがあったら、鬼に金棒なのに残念。


 この点では、日産が頑張っている印象。


 社内のデザイナーだけに頼らず、デザインの外注なんかもやってみたりして、イノベーションを起こせないもんだろうか。


 甥っ子にトミカを買ってやろうかと思って探したけど、ぱっと見て、トヨタには買ってやりたい車がない。


 あったと思ったら、2000GT。(←すんげぇ昔のスポーツカー)


 かなり譲ってプリウス。(←エコって大事だよね)


 残念。


 LFAの発売を待つしかあるまい。(←必要なのはスーパーフラッグシップとそれに続くかっこええクルマ)


 余談であるが、トヨタとホンダとコマツ以外のトミカは、一切買ってやるつもりなし。w


 大人気ないと言われようが、ここは譲らんぞ!