株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 虎は千里を奔るはずが、ち~っとも走らん上に、今年はエイブルと合体してしまったチンタイガーのチンタイ。


 最後の最後で株価が急上昇を始めた。


 が、しかし、合併はピンと来なかったので、いくらか売ってしまっていた。





 売ってしまった!


 タイガーの市場を穢してしまった!


 私に売らせたなッ!!


(↑ 自分で売っといて逆ギレしてもダメです。)





※このギャグの分からない方は、バンダイナムコより発売中のブルーレイディスク「機動戦士ガンダムユニコーン」の第2巻を買って観てください。福井晴敏さんがええ仕事をしてはります。DVDもありますが、ブルーレイが美麗でいい感じです。2巻を買ったら1巻も買いましょう。全部で5巻出る予定なので、全部買いましょう。買ったらプラモデルも買いましょう。ついでに、バンナムの株主になって株仲間になってくれると嬉しいです。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 小型株、低位株が暴れ始めた感がある。


 エイブルチンタイホールディングスもその流れなのかな。


 配当利回りがリートより高かったもんなぁ。w


 つーか、ここまで売り込まれるのもねぇ。


 東証1部へ上場しろって株主の声も多かったのだが、できないのかする気がないのか、新興市場のまま合体してしまった。


 東証がマザーズのテコ入れに乗り出すようだが、上場審査基準は緩くなるみたい。


 新興市場は特に、株価が将来の成長を織込み済みのことが多いので、買う時期や資金配分はよく考えておいた方がよいと思う。


 ついでに、おかしな企業もたくさん上場しては上場廃止になるので、よく注意すべきだ。


 なんとな~く儲かりそうで買ってしまうと、とんでもないことになる。


 投機に対する誘惑を断ち切らないと、長期投資で成功しつづけるのは難しいと思う。