株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 最近、ボクシングの世界戦が連続しており、内山選手つええ~などと感心をしながら見ておると、ハタと気付くことあり。


 おお、そうだ、ジャブだ!


 まずはジャブで間合いを測り、パンチを散らしてガードを下げてからストレートをぶち込む。


 あしたのジョーもはじめの一歩も最初はジャブだったじゃないか!


 ここより我が対豊田戦を回想。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 第1ラウンドは様子見をしつつ、軽いジャブから入る。


(↑ だってホンダやオムロンで大振りしちゃったんだもん。いかなあほおでも、しまったと思ったら作戦変更はするのだ。)


 左わきえぐりこむようにジャブ。


 ジャブジャブジャブでガードが下がった瞬間を狙い渾身のストレート!


(↑ サブプライムショック後。まだまだ呑気。)


 決まったかに見えたが、強烈なカウンターをお見舞いされ、一時瀕死。


(↑ リーマンショックの後。半泣き。)


 なんとか粘りつつ、ジャブ、ジャブ、ジャブ、ジャブジャブジャブジャブジャブジャブ………。


 河原の木を揺らして落ちてくる葉っぱをつかむようにジャブ。


 現在も泣きながら続く軽~いジャブ。


 もうここにストレートをぶちかます体力は残ってまへん。


 章男社長の必殺アンパンチ(?)が炸裂する予定だが、いつになるかは未定だ。





 ちなみに、珍しく優勢に運んでいる対三菱戦はというと。


 ガードが大きく下がったところへ、挨拶代わりのストレート。


 ジャブジャブジャブ。


 止めにローングアッパー!!


 う~は~は~は~は~!


 大河ドラマ「龍馬伝」の岩崎弥太郎(三菱創始者)ってイメージ悪ッ!


 見ながら三菱の一員(←もちろんお金だけ)として、どんどん黒くなるわたくし。





 大底、地をはうような位置からのロングアッパーが最も有効。


(↑ あれ、ジャブはどうなった?)


 放つタイミングが非常に難しいのであるが。


 トレーダーさんだと、ショートアッパーやショートフックも組み合わせて連打かな。


(↑ なんのこっちゃ。)





 資源株の優勢が本日の日経新聞でも報じられていた。


 確かに、商社は、よく踏ん張ってくれている。


 総合商社各社と住友金属鉱山、JXホールディングスなんかの名前が上がっていたと思う。


 中国のレアアース問題に見るまでもなく、資源は稀少だ。


 資源が高くなると、多分、代替材の開発が進んでくる。


 どこが何を?


 これもおもしろい投資テーマの1つ。