株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 SBIについて書いたら所得隠し報道がありましたが、九州電力について書いたら同じ電力会社の中国電力でダムのデータ改ざん問題が出てきました。


 う~ん、このブログは、プチデスノートといった感じですな。 (―_―)






 で、その内容ですが、中国電力が水力発電用に建設した土用ダム(岡山県新庄村)で、ダムの堤の高さの変化を測量した「沈下量」の数値が、改ざんされて国土交通省と経済産業省に提出されていたというものです。


 沈下量はダムの安定性を判断でき、異常値が出た場合はダムの堤の亀裂や漏水が疑われる重要なデータだそうです。


 測量を請け負った中国電の子会社の内部調査で98年に発覚し、99年に中国電力本社も把握していましたが、両省への報告はしていなかったようです。


 中国電力は「ダムの安全性に問題はない」としています。






 いや、ダムの安全性じゃなくてよ、お宅の会社の安全性に問題ありぢゃ!


 こういう会社が原発動かしてると思うと、ちょっと気味が悪いですよね。


 SRIの観点からは、日本の電力会社は配当が高くても避けておいた方がいいかもしれません。


 但し、株価の方はやっぱり動いてません。


 日本ではSRIの考え方が浸透していないことや、電力をほぼ独占的に供給していることが効いてるんでしょうか。


 九州電力を紹介しましたが、投資の際には各電力会社の経営体質は気に止めておいて下さい。


今日も応援ありがとう!人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
てか、日本の投資家はIRも読んでない人まだ多いよね。

・・・そんな人がいないと相場が動かないのも事実ですけどね。

まあ、見れる人は見るぐらいでいいのかも?

ポチとな!
2006/10/31(火) 18:39 | URL | まっくろうま #-[ 編集]
おす。引っ越しは順調ですか?

IRもねぇ、色々ためになる情報があるんだけど、正直面倒臭いんでしょうね(笑)。

長期投資で構えるなら、持ってる銘柄のIR情報は、よく分からなくてもいいから一応目を通すべきでしょうね。

あ、これはいいネタをもらいましたね~。
今度IRを記事にしておきましょう。
個人投資家の啓発に努めていかないとね~!
o (^-^) o
2006/10/31(火) 18:51 | URL | まっくろうまさんへ #-[ 編集]
相互リンクありがとうございました

よろしくお願いしますね~^^
2006/10/31(火) 19:46 | URL | ケンタ #-[ 編集]
データ改ざんですか・・・。
もっと責任を持ってやってほしいですね。
信用を失うのは簡単ですが取り戻すのはものすごい時間がかかりますから。
自分の持ち株の企業は信頼していますが、こういうことが起こると心配になりますね。
2006/10/31(火) 22:16 | URL | 京 #-[ 編集]
こちらこそよろしくおねがいします。
2006/10/31(火) 22:49 | URL | ケンタさんへ #-[ 編集]
北朝鮮の核がどうのこうの言う前に、自分とこの核についてもうちょっと考えた方がいいのかもしれませんよ。
東京電力や関西電力もそうですが、こんな隠蔽体質でいい加減な企業が、核をいじくり倒しているんですからね。
でも、今のところ、株主の意識の低さと独占的な利益享受のためか、株価には影響ナシ。
いいんだか、悪いんだか……ねぇ。
2006/10/31(火) 22:53 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
こういった企業の問題が出てくると、投資家としては気になりますよね。
株をやる前は全然考えもしなかった事です。

配当金太郎さんは、何か予言の能力でもあるのですか?
2006/11/01(水) 00:56 | URL | muramura #-[ 編集]
予言の能力があれば、億万長者ですね~(笑)。
o (^-^) o

残念ながら、そのような能力は全くなし。
あればもっと断定的な表現でブログを書いているでしょうね。
でもね、muramuraさん、ちょっとした兆候に気付くか気付かないかってのはあるみたいですよ。
アメリカのケネディ家の祖は、靴磨きの人までが株の話をしているのを聞いてバブルを察知し、大暴落を避けたそうですからね。
去年のライブドアショック以降の値崩れを見てると、割高だったんだなと気付かされます。
昔と違って色んな指標で察知出来るはずなのに、人間の心理は面白くて、飛びついちゃうんですよね(笑)。
自分も反省しきりなんですよ。
(;^_^A
2006/11/01(水) 11:16 | URL | muramuraさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/72-bd3fb75c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック