株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2010年8月13日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  小野薬品工業           5・01
2  エーザイ             4・98
3  東燃ゼネラル           4・87
4  平和               4・80
5  武田薬品工業           4・53
6  みずほFG            4・48
7  イオンクレジットサービス     4・38
8  アステラス製薬          4・34
9  イーアクセス           4・29
10 オートバックスセブン       4・25

11 トレンドマイクロ         4・24
12 ローソン             4・20
13 大東建託             4・10
14 信金中央金庫           4・06
15 スカパーJSAT         4・01
16 NKSJホールディングス     4・00
17 三井住友FG           3・87
18 オンワードHD          3・86
19 コスモ石油            3・85
20 日本オラクル           3・80

21 NTTドコモ           3・71
22 任天堂              3・67
23 第一三共             3・62
24 日本製紙G本社          3・50
25 住友ベークライト         3・50
26 HOYA             3・43
27 SANKYO           3・39
28 サークルKサンクス        3・39
29 凸版印刷             3・29
30 パーク24            3・26


株は配当金を狙ってTOPに戻る



 円高で日本株1人負けの様相。


 といっても、円高ではドル建てのポートフォリオも打撃を受ける。


 もう、どないせいっちゅうねんという感じだが、日本国債を買っとけば大丈夫なんでしょうな。w


 日本の10年国債の利回りが、1%を切る場面もあった。


 借金まみれでキリキリ言うとるはずなのに、実に信用が厚い。w


 株式の配当利回りや益回りと比較して、どう考えるかは人それぞれなんだろう。


 それにしても、いつまで続くんでしょ、この不安定な状況。