株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2010年7月30日終値ベース、時価総額1000億円以上の今期予想高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  エーザイ             5・09
2  小野薬品工業           5・03
3  東燃ゼネラル           4・87
4  イオンクレジットサービス     4・61
5  武田薬品工業           4・54
6  ローソン             4・29
7  イーアクセス           4・29
8  アステラス製薬          4・26
9  みずほFG            4・26
10 大東建託             4・19

11 信金中央金庫           4・07
12 オートバックスセブン       4・04
13 NKSJホールディングス     3・96
14 スカパーJSAT         3・93
15 コスモ石油            3・88
16 NTTドコモ           3・78
17 三井住友FG           3・74
18 第一三共             3・73
19 トレンドマイクロ         3・73
20 日本オラクル           3・71

21 オンワードHD          3・69
22 SANKYO           3・55
23 日本製紙G本社          3・47
24 任天堂              3・44
25 NTT              3・34
26 野村HD             3・33
27 住友ベークライト         3・33
28 東洋インキ製造          3・29
29 セブン銀行            3・27
30 パーク24            3・24


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 変わり映えせず。


 猛暑関連銘柄は8月の売りという経験則もあるようで、深追いは禁物かな。


 上がると強気になりがちであるが、買うとすぐに下がってへこむこと多し。w


 伊藤園より優待が届く。


 優待は基本的におまけと捉えるべきであるが、もらうと嬉しいのも事実。


 伊藤園を買ってからというもの、サントリーの伊右衛門を見るたびに敵意を抱くのであった。w


 そろそろデフレの長期化に備えて、新たな格安ブランドを立ち上げる必要があるかも。


 名付けて、「お~い、粗茶!」


 (↑ 会社潰す気かい!)


 伊藤園優先株の配当利回りは、現時点で4・8%。