株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 ワールドカップはスペインの優勝で幕を閉じた。


 そのスペインチームの大部分はバルセロナ出身の選手で固められ、そのバルセロナのサッカーに影響を与えたのは、オランダサッカーの教祖クライフ。


 毎回のように優勝候補にあげられながら美しい敗者に甘んじてきたオランダは、勝利に徹して決勝まで駆け上がったものの、最後の最後で自分たちの理想としてきたサッカーに敗れてしまったわけだ。


 皮肉なもんだ。


 ともあれ、オランダサッカー大好き、クライフ大好きな人間にとっては、決勝戦は大御馳走。


 こんな組み合わせを見せてくれてありがとう、なのであった。


 それにしても、このオランダ相手に0-1と大健闘した日本。


 最終トーナメント勝ち残りで喜ぶ時代の卒業も近いかも……期待しすぎか。w


 サッカーを投資にからめて見ていると、やはりスペース(人のいない場所)というのが重要なのだなと思う。


 決定的な得点機会は、やみくもにボールを追っていたのでは得られない。


 ボールの行く先を予測し、スペースに思い切って飛び込む動きが大切なのだ。


 そこで初めて大きな得点機会が得られる。(得点できるかどうかは別として。w)


 また、今回のスペインの美しいサッカーは1つの理想型なんだろうけど、これを可能にするには相当にレベルを上げなければならない。


 レベルの低い状態でこんなことをやろうとしたら、うまくいかなくて当然。


 投資も同じで、自分のレベルも考え、最初はある程度の分散投資を続け、勉強しながら最終的な理想型に少しずつ近付いていくべきなのだろう。


 あ、美しくまとまった。w


株は配当金を狙ってTOPに戻る