株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 トヨタ自動車の記事で書いたお勧めのファンドとして、「さわかみファンド」を紹介してみたいと思います。


 何年か前に、このファンドを運営するさわかみ投信株式会社の社長・澤上篤人さんの名前と考え方を知って共感するところがあり、ずっとお金を預けてみたい投資信託の1位でした。


 澤上さんが勧めておられたのは、もちろん長期投資です。


 その記事では長期投資家の役割についても述べられていて、とても興味深かったです。


 即ち、株価の下落局面では、買う人間がいないと市場が成り立たない。


 長期投資家は売られる株を買うことで、投資家に新たな資金を提供し別の有望株を購入してもらったり消費してもらったりして、資金を社会に還元する。


 そして自分自身は売られた株を辛抱強く保有して、企業が立ち直るための時間的負担を負いながら値上がりを待つのだと。


 この考え方は、投資を単なるマネーゲームやゼロサムゲームと捉える近視眼的な考え方とは一線を画していて好きです。


 また、私が読んだ記事では、澤上さんはこれから伸びる企業として次世代エネルギーを開発しているところを上げておられました。


 そう、燃料電池や太陽光発電、その他の環境に適応したエネルギーのことです。


 SRIの考え方と合致しますね。


 澤上篤人さんは、著書も多数出されているので御存知の方も多いでしょう(澤上篤人さんの著書)。


 長期投資を考えるなら、参考にしてみるといいと思います。


 考え方に賛同できるなら、その考え方を実行する最も簡単な方法がさわかみファンドを購入することでしょうね。


 次の記事では、このさわかみファンドの特徴について書いてみたいと思います。




投資情報満載の人気blogランキングへ

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/71-1dd52d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック