株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 残念無念のパラグアイ戦を終えて、日本代表が帰ってきた。


 個人的な予定では、後3試合するはずだったのだが、神風が吹いてくれなかった。


(↑ 投資と同じく、もっと現実を見つめましょう。)


 日本の「和」の精神を見事に体現したチームのように感じられたが、4年後には更に進化して、日本経済ともども躍進を~!


 話変わって、相変わらず調子のよさそうな金。


 ソブリンリスクに将来の景気不安とくれば、実物資産にして多国籍通貨としての性質も持つ金が買われるのは当然か。


 最近、最高値更新などといったニュースを見ていて、群がってるな~と思っていたら、遂に金の投資勧誘電話がかかってきよった。


 なんだか複雑そうな仕組みの金融商品で、聞けば、金は利息を生まないはずなのに利息がつくと言う。


 どないなっとんかの~。


 銀行は国債に群がっとらんと、いい加減しっかりして欲しい。


 銀行預金が低いのも理由になって、訳の分からない金融商品が出回っとるやないかい。


 とりあえず、この手の商品が出回るようになってきたら末期も近いと考え、どれだけ高くなろうが、





「金は死んでも買いません!」





株は配当金を狙ってTOPに戻る