株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 信越化学のカリスマ経営者・金川社長が会長になり、新社長さんが生まれたようだ。


 ずっと金川会長を支えてきた右腕のような方で、年齢を見ると72歳。


 数日前に日経新聞で紹介されていたのを読んで、思わず口元が緩んだ。


 さすがにガチンコ鉄壁の経営。


 石橋は叩いても渡らない感じが伝わってくるような人事だ。


 石橋は鉄骨とコンクリートで造り直して、帝人のパラアラミド繊維で橋脚をガチガチに補強して(←さりげなく宣伝)、コマツのコンピューター制御無人鉱山トラックが渡って大丈夫なのを確認してから(←ここでも宣伝)、やっと渡るような感じかな。


 保有してはいないけど、いろいろな情報に接するたびに、安心して保有しておける会社なんだろうなと思う。


 楽天が海外進出を加速させているようだ。


 インドネシアやタイなどアジアへ展開していたと思う。


 インド人の社員も採用したようだし、アメリカのネット販売企業も買収したみたい(ここを橋頭堡としてアメリカにも進出)。


 国内では、流通の利便性を高めるために、物流センターも整備する方向とも報じられていた。


 最近のニュースは、個人的に大歓迎のものばかり。


 日本国内でしょもない買収に明け暮れているより、ずっとずっと応援できる。


 ホンダ、中国の工場でストとか。


 賃金の上昇圧力が高まるのは避けられませんな。


 今後、自動車草創期のフォードのような寛容さで、労働者の所得を向上させ、中国に大きな中流層をつくりだせるだろうか。


 ちょっと興味のわくところ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る