株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 遂に11000円を抜いた。


 円安も進行中で、今期の企業業績改善の追い風になりそう。


 ただ、2番底の懸念は消えていないという話もある。


 注意はしておきたい。


 ベトナムのホーチミンへ行ってきた。


 道路を埋め尽くすバイクの群れに圧倒されてしまった。


 このバイク、ほとんどがホンダ製。


 タクシーから眺めて、思わずニンマリ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 それにしても、すさまじいバイクの交通量で、交通ルールがあるのかないのか、タクシーのすぐ横をすり抜け、前を急に横切りと、危険この上もなし。


 タクシーの運転手さんは、クラクションをしょっちゅう鳴らし、バイクも同じくクラクションを鳴らす。


 道路上のうるさいこと。


 事故が起きないのが不思議だが、互いに脳みそから超音波でも出してそうな感じ。


 さすが、アメリカを打ち負かした世界最強の民族。


 ベトナムの通貨はドンという。


 インフレで価値が目減りしていくため、支払はドンよりもドルが好まれることも。


 ドン紙幣でタンス預金などしようものなら、ああっという間に価値が無くなるのである。


 事実、食堂のメニューの看板には、ゼロを2つほど増やした跡があったりする。w


 経済が成長していくとは、こういうことなのかなと、日本ではお目にかかれない風景に感慨深いものがあった。


 アメリカに爆弾を落とされても、サブプライム金融爆弾を落とされても、たくましく立ち向かっている。


 いっぱい爆弾を落とされて全面降伏、サブプライム爆弾を落とされて世界一弱っちい姿をさらした国の人間からすると、うらやましいやら悲しいやら。


 恐るべし、ベトコン。


 信号機はほとんど普及していないし、信号機のあるところでも、バイクは無視している感じだ。


 電線は何をこんなにと思うくらい、すんげぇ数の線を束ねていて、電柱が電線で見えないくらいになっているところもある。


 インフラ整備はまだまだなのだろう。


 これからも高い経済成長が続いていきそう。