株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。
株は配当金を狙って


 今日は、11月の相場展開について見聞きしたことを書き留めておきたいと思います。


 11月は株価が上昇しやすい月です。


 理由の1つは、企業の9月中間決算の発表を受けて、好業績銘柄に買いが集中するということがあげられます。


 また、もう1つの理由として、前にも書きましたが、アメリカの投資信託の決算の多くが10月に行われるため、配当金捻出のために引き上げられた資金が一段落して、また戻ってくるということがあげられます。


 日経新聞のコラムでも指摘されていましたが、過去10年の日経平均株価の動向を見ると、11月の前月からの上昇率は他の月と比較して最も高く、下がった年も2003年のわずか1回だけです。


 つまるところ、ここ10年に関する限り、10月に好業績が噂される銘柄を仕込んで11月に売れば、かなりの確率で儲かるということなんでしょうね。






 では今年はどうなのかというと、気になるのがアメリカの中間選挙と史上最高値を更新したニューヨーク株式市場の高値警戒感だそうです。


 中間選挙とは、4年ごとに行われる大統領選挙の中間にあたる年に行われる連邦議会選挙のことです。


 この選挙で、上院議員の3分の1と下院議員の全員が改選されます。


 アメリカ連邦法の規定により、11月の第1月曜日の属する週の火曜日に実施されるので、今回は11月7日が投開票日にあたりますね。


 大統領選にも影響を与える重要な選挙なのですが、株価の方は中間選挙が行われるときに下がって底を打ち、再び上昇する傾向にあります。


 ただでさえ高値警戒感が出ているところに中間選挙ですから、一時的にアメリカ株式市場が下降するという展開が当然予測されるわけです。


 このアメリカ株式市場の動向が日本市場に影響を与えて、株価を下げるかもしれないということですね。


 日本市場も最近、ぐぐっと上げましたから、アメリカ市場と一緒になって下がるかもしれません。


 今までの経験則からの予測ですが、果たしてどうなるでしょうか。


役に立ったら、人気blogランキングへ応援を!

株は配当金を狙ってTOPに戻る


コメント
この記事へのコメント
私もそう思います。

また、新興市場も選挙明けからの大幅反発を見込んでいます。

まあ、板見ながらの12,11月は初めてなのであたるかな?てとこですけど。
2006/10/26(木) 20:40 | URL | まっくろうま #-[ 編集]
11月って株は上昇しやすいんですか~。
いいことを聞きました。
私は長期投資ということでどちらに動いてもじっとしていることになるでしょうけどね。
もちろん騰がることを祈ってます。
2006/10/26(木) 22:22 | URL | 京 #-[ 編集]
確かに昨年は11月~12月の上昇は凄かったですね。
あれは異常ってやつでしょうか?

今年も例年通りになる事を期待しちゃいます。
今の相場って結構カラ売りが入っているって事ありませんでしょうか?
2006/10/26(木) 23:15 | URL | muramura #-[ 編集]
大方の予想と同じ予想なんですね。
アメリカも日本も高値警戒感はありますから、同時に下げる展開というのは十分考えられますね。
来週あたりからヤバい展開になるかもしれません。
ここで底堅いようだと、さらなる爆騰が狙えるかもしれませんね。
2006/10/26(木) 23:32 | URL | まっくろうまさんへ #-[ 編集]
私も基本的に動かさない方なので、じっくり持つことになると思いますが、上がって欲しいのは同じです(笑)。
上がるといいですね。
2006/10/26(木) 23:34 | URL | 京さんへ #-[ 編集]
去年のは一時的なバブルだったんでしょうね。
現に、今年に入って長期的な調整を余儀なくされたわけだし。
今年も上がりすぎるようなら、1月くらいで一旦売り抜けるのが賢いかもしれませんね。
デイトレでは関係ないんですけど(笑)。
2006/10/26(木) 23:37 | URL | muramuraさんへ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kabuhaitoukin.blog48.fc2.com/tb.php/67-2b4dd756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック