株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2010年2月26日終値ベース、時価総額1000億円以上の高配当利回りランキング。(SBI証券のスクリーニング検索による)


1  みずほインベスターズ証券     5・76
2  東燃ゼネラル           5・24
3  みずほFG            4・65
4  武田薬品工業           4・47
5  イオンクレジットサービス     4・40
6  小野薬品工業           4・39
7  エーザイ             4・33
8  大東建託             4・23
9  日本オラクル           4・13
10 ローソン             4・12

11 任天堂              3・97
12 オンワードHD          3・97
13 信金中央金庫           3・83
14 みずほ証券            3・80
15 コスモ石油            3・79
16 NTTドコモ           3・78
17 新日本石油            3・78
18 アステラス製薬          3・74
19 日本製紙グループ         3・53
20 SANKYO           3・50

21 カシオ              3・45
22 新日鉱HD            3・39
23 イーアクセス           3・34
24 第一三共             3・34
25 損害保険ジャパン         3・25
26 パーク24            3・25
27 コナミ              3・24
28 三井住友FG           3・15
29 東北電力             3・10
30 NTT              3・10


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 昭和シェルが太陽電池の工場建設の投資負担から配当を半減させ、ランキングから転がり落ちていった。


 悪い意味で。w


 良い意味でランキング外というのは、もちろん減配がなく、株価だけが上がってランキングの外へ行くこと。


 高配当と株価上昇の一挙両得となる。


 狙ってはみるものの、なかなか難しいもんだ。


 キヤノンを底値付近で買った方などは、今頃美味しい思いをされているのではなかろうか。


 今後、景気回復と共に業績が回復すれば、更なる増配と株価上昇で無限連チャン天国へ~。


 そこはお金がアメーバのごとく自己増殖する世界。


 アメーバ経営ならぬアメーバ投資だ。


 パーク24が、前年同期比30%の増益なんてな報道をされていたと思う。


 台湾へも進出していたりする。


 優待の駐車券は、車に乗る人には使い勝手がよい。


 第一三共は、買収したランバクシー社の業績が回復基調という話だったと思う。


 本日付の日経新聞1面でも、国内での後発薬参入が報じられていた。


 エーザイも高齢者向け内服薬中心に65品目を投じ、09年3月期売上高が約50億円とのこと。(総売上高は7817億円だから、まだ1%にも達していない。)


 他に、田辺三菱製薬も名前が挙がっていた。


 異業種では富士フイルムも。


 後発薬といえば、沢井製薬と日医工が思い浮かぶが、製薬大手の参入で競争が激しくなりそうだ。


 日本での後発薬普及は他の先進国と比較しても遅れているようで、医療機関で処方される医薬品に占める数量ベースでの割合は2割前後。


 アメリカやドイツ、イギリスでは、6割前後に達しているから、今後普及が進む可能性もある。


 初手からずっこけてしまったが、第一三共のランバクシー買収大戦略が、後々、効を奏するかもしれない。