株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

*もう1つ、後で書いたものですが、損切りについての考え方を差し込んでおきます。参考になれば嬉しいです。





 損切りの悩みは絶えないようで、そこかしこで論じています。


 個人的には、「損切りとは、自分の取れるリスクを超えてリスクを取っていることを認識しているがために、値下りと同時に行わざるを得ない投資上の行為」とでも定義できるでしょうか。


 必要か必要でないかは、その人が好む投資スタイルによると思います。


 短期の回転売買で一気に儲けたいと目をギラギラさせながら相場に突入していけば、どうしたって賭け金は大きくならざるを得ません。


 場合によっては、レバレッジ(借金をすること)をかけてやる方もいらっしゃるでしょう。


 そういった場合に、「損切りなんて不要ですよ。」なんて言えっこありません。


 投資にとって大事なのは、チャンスと考えた時に突っ込むための現金を手許に確保しておくことであり、短期売買をしようかというのに、手持ち資金パッツンパッツンで突っ込んでいる人が損切りできなかったら、次のチャンスを見送ることになってしまいます。


 長期投資にとっては不要なことでも、短中期で値幅を抜いていこうという方にとっては必要不可欠でしょう。


 ……まあ、次でまた損切りして、その次でもまた、んでもって、すんげぇお金を失った後に、「株って儲からないね。」というパターンもあるでしょうが。


 ちなみに、レベルの高い長期投資家であればあるほど、行うのは「利益確定」のみとなります。


 また一見損切りに見える行為でも、それは損切りではなく、もうお付き合いしないという意味での縁切りです。


 これは利益が出ている時に行うこともあるので、利益確定のように見える場合もあります。


 でも、悪いビジネスを買ってしまった、買ってはみたけどよく理解できないビジネスだったと思った場合には、利益が出ていようが出てなかろうが、縁切りなのです。


(これは、例え儲かっていても、長期投資においては「失敗」です。)


 長期投資の場合、誰が何と言おうが、値下りはチャンスなので断固買います。


 ただ、どこまで下がるかは神のみぞ知るであり、相場はオーバーシュートすることもあります。


 だから時間を分けて、自分の現金余力と相談しながら買い進める、ということになるでしょうか。


(よく失敗するので、偉そうなことは書けませんが。w)


 また良い企業だと惚れ込んでいる企業については、高値で保有比率を落とすことはあっても、完全に売り切ってしまうということはしないでしょう。


 これは心理的な面で、まだ上値があった場合に慌てて買い戻すようなヘマをしないといった効果や、今後も経営を見守り次の下落の時にご機嫌で買い向かえるように準備をしておくという意味合いがあると思います。


 リーマンショック後の暴落で大底をつけたあたりで、バフェットじいじが、「ここから下がるようなら全財産を株式にしてもいいくらいだ」と仰っていたと思います。


 つまり、買い進めながらも、まだ余裕を持たせていたわけです。


 ところで、「損切りで悩む人はたくさんいるが、利益が出て悩んでいるなんて人は聞いたことがない。」という御意見も目にしたことがあります。


 当たり前です。


 損切りで悩まなければ、利益確定でも悩むことはないからです。


 投資のルールを決めているかいないかだけの話なのに、この事実がなぜ損切り絶対必要論に飛躍するのか、さっぱり分かりません。


 つまり、損切りで悩む人は、利益確定でも悩んでいるはずです。


 私が保有株の1つを取り上げ、「現在300%近く利益が出ていて悩んでいます。」と言ったとしましょう。


 恐らく、「早く利益確定して下さい。含み益は幻です。」なんてなアドバイスが飛んでくるでしょう。


 しかしです。


 なんで、未だ相応の値段にしか戻っていない株式を売らなければならないのでしょう。


 この値段で買増しをする気はありませんが、持ってなければ買ってもいい値段なのです。


 損切りが必要かどうかは、投資法によります。


 早くこれでいくというルールを決めようよ、としか言いようがありません。


 考えておかなくてはいけないのは、「損切り」は難しいということです。


 難しいからこそ、いつまでも損切りしなさいというアドバイスが、もっともらしく賢そうに語られるのです。


 そのような難しい行為にあえて挑戦する必要はないと思います。


 損切りしなくてすむ投資対象を、損切りしなくてすむように買えばいいのではないでしょうか。