株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/2786


 「新興」と名の付くものには、慎重であるべきだと思う。


 実際、興味を持ったので、新興国の企業をいくつか調べてみたところ、必ずしも図抜けた業績をあげているわけではない。


 新興国の経済成長を高い利益に結びつけているのは、先進国の優秀企業だって同じ。


 単に株価がどうなるかを考えるなら、皆が群がるだろうから買うという選択もありなのだろうが、投資家が企業活動によって長期的に何をもらえるのかということを考えるなら、少し立ち止まって考えてみる必要もあるかもしれない。


 ……とはいえ、新興国株式のパフォーマンスが相対的に良い現在は、説得力がまるでないが。w


 要は、株価が企業の実力に見合ったものかどうか、きちんと見ていないといけないということだと思う。


 ……これまた、指数連動で株価しか見ない投資法全盛の昨今、まったく説得力がないのであるが。w


 昨日、2010年2月16日付日経新聞31面の「経済教室」と「やさしい経済学」の欄も印象に残ったお勧めの記事。


 長期投資について考える材料になると思う。


株は配当金を狙ってTOPに戻る