株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均が、またまた200日移動平均線タッチダウンを決めそうな勢いだ。


 最強クオーターバックのトヨタ君がミス連発では、なかなか攻めに転じれそうもない。w


 プリウス君のブレーキ問題を見ていて、昔、友人がオートバイに関して、ABS(アンチロックブレーキシステム)は怖いと言っていたのを思い出した。


 車輪がロックしてそのまま滑っていくより短距離で停まるのだが、一時的に車輪のロックが解除されるので、ブレーキが効かない感覚に陥り、パニックになるんだそうだ。


 今のところ、車もバイクも人間が操作するので、この人間の感覚を無視した装置はいかに安全でも問題があると思う。


 ロック解除はしながら、ブレーキをかけている感覚だけは残すような作り方も必要なのだろう。


 ワコム、業績発表が投資家の失望売りを招いたようで、本日も下げ。


 随分上がって、短期的に良い思いをさせてもらったが、当分は弱い展開かな。


 長期的にはいけると思っているので、短期的な値下りは無視だ。


 代わってハイビック、業績の上方修正がサプライズになり、爆上げ。


 2年間赤字赤字で、泣きの涙で保有と買増しをしてきたが、ようやくようやく、上昇に転じてくれた。ww


 今年ダメダメちゃんなら、縁切りもありでしたな。


 3年というのは、いつか見た住商の基準を参考にさせてもらっているが、なかなか良い基準だと思う。


 この年数を超えて業績がダメというのは、事業や経営に基本的な問題ありと見てよいと思う。


 赤字や業績低迷をどうにかしようという気がないか、あったとしてもどうにかする能力がないか、あるいは事業そのものに優位性や将来性がない可能性が大だ。


 配当でキャッシュを産み出してくれている場合はいいが、そうでなければ、拷問を受けているような毎日を送る羽目になるかもしれない。


 某航空会社は、保有して間もなく拷問を受けまいた。w


 OBが退職年金でごねたのを見て、拷問の日々からさようなら~。


 縁切りの参考までに。


 でも、縁切りしなけりゃいけない企業に投資すること自体、ダメよ。


 航空需要は今後拡大していくと思うけど、その需要を航空会社が高い利益に結びつけるのは、相当に難しいかもしれない。


 同じ路線を飛ぶ飛行機が他にもあり、サービスに差をつけることが難しければ、不毛なコスト競争を延々と続けるしかなくなるからだ。


 日本の場合、政官が足を引っ張るので、余計に難しくなってる感がある。 orz


 航空需要の高まりを想定するなら、もっと別のアイデアで攻めてみる手があるかも。


 安くない授業料を払って得た結論。ww


株は配当金を狙ってTOPに戻る