株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 3本の陰線が出た。


 そろそろお年玉も終わりだろうか。


 過熱感も出ていたみたいだし。


 で、節分天井で彼岸底?


 じゃあ、ゆっくりお彼岸まで模様眺めをして、下がってたら買ってと……獲らぬタヌキの皮算用である。


 この手の計画は、当たった試しがない。w


 日航は上場廃止のようだ。


 100%減資なら株券は無価値となり紙くずになる。


 最終価格が何円になるか分からないが、100%減資にならないという淡い期待をもって買うチャレンジャーさんがいるのだろう。


 記念買いという方もいらっしゃるのだろうか。


 1、2円の株価は、非常に悲しいものがある。(←体験したことあるもんね、えっへん。)


 ナショナルフラッグキャリアの株式ともなれば、一層のこと悲哀を感じてしまう。


 沈む日本の象徴のようだが、復活再上場となれば再生日本の象徴になるかも。


 稲盛じいじの下で、強くたくましくなって帰って来て欲しい。


株は配当金を狙ってTOPに戻る