株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2010年1月1日付日経新聞第19面の特集に、三井化学が人工光合成の技術開発に向けた実証設備を稼働させたという記事が出ていました。


 以下、三井化学のホームページ上の説明。


 http://jp.mitsuichem.com/techno/strategy_01.htm#co2


 二酸化炭素が排出されて困るなら、二酸化炭素そのものを減らす技術、つまり植物の光合成を人工的にできれば問題はないわけです。


 分かってはいるけれど難しい技術の筆頭なのでしょうが、どうやらそんな夢の技術も実証間近。


 循環型社会の入口にいることを再認識させられる記事でした。


 さて、その三井化学。


 四季報を見てみると、巨額赤字計上中で大変そうです。


 化学セクターも国内再編が進まず、不毛な競争で少ないパイを奪い合っているといった評価を読んだ記憶があります。


 三井化学もその昔、住友化学との統合が破談になっちゃったという話も読みました。


 世界で勝負しなければならない時に、縮む日本市場で利益の出なくなった事業を抱えて争っているようでは、先がなかなか見えてこないと思います。


 素晴らしい技術を持ちながら、収益に結びついていないようで歯がゆいですね。


 住友化学の方は、サウジアラビアに進出。


 こちらも昨年度赤字を計上していますが、サウジでの合弁事業は期待できるかも。


 社会的責任投資という観点からは、アフリカでのマラリア感染防止活動として、防虫剤を織り込んだ蚊帳「オリセットネット」の現地生産をやっていて、現地での雇用創出にも一役買っているようです。


 http://www.sumitomo-chem.co.jp/csr/africa/


 アフリカは、地球上で最後のフロンティアになるのでしょう。


 投資テーマの1つとして、頭においておくのはありかなと思っています。


株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


 人間が存在して生活を続けている限り、新たな需要は社会の変化に伴って次々と生まれているはずであり、この意味でのフロンティアは永遠に存在し続けると思います。


 しかし、アフリカのように現実に目に見える形で存在しているものではなく、優秀な経営者や企業体によってしか見つけ出せないものかもしれません。


 また、アフリカという投資テーマについては、国際優良企業、自分が信頼できる強い企業が分かっていれば大きな問題はないと思います。


 あれこれと投資家がいらざる小知恵を回す前に、リスクを見極めながら出ていって稼いできてくれるでしょう。


 例によって失敗談ですが、投資テーマに引っ掛かることと、そのテーマに引っ掛かった会社が投資家に何をくれるのかは全く別の問題です。


 最悪、完全破綻という有り難くないプレゼントをもらうこともありえます。ww


 投資テーマを持つことはとても大切ですが、まず、これはと思える強い企業体探し(投資の核)ができていることが大事だと思います。


 言い換えれば、それこそが最も気を使うべき最大の投資テーマなのでしょう。