株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 今年の取引も今日で終わりです。


 次々と起きる変化がおもしろうておもしろうて、ついつい暇を見つけて書きたれています。


 暇があれば、笑かしの漫画なんぞもアップしていきたいですね。


 で、今年最後の記事ですので、何か役に立ちそうなものをということで、うちの投資先のオムロンのアニュアルレポートを紹介しておきます。


 http://www.omron.co.jp/ir/irlib/annual.html


 創業者の立石一真さんの提唱したSINIC理論について、少し解説がされています。


 過去から未来にかけての円環図も掲載されています。


 未来について考えてみると良いかなと思います。


 もう1つ、作田社長と社外取締役の冨山さんの対談が、企業統治に関してお勉強になるかなと思います。


 さて、来年は寅年ということで、仕込み時らしいです。


 まあ、株価の動向についての最も誠実かつ確実な予測は、「わからん」ということに尽きるかなと思います。w


 で、良いアドバイスがあるとすれば、「下がったら買っていけ」ではないでしょうか。


 対象については、「自分が長期的な視点から信頼できるファンドや企業を」です。


 買い方は、「時間を分散しながら慎重に」です。


 悪い年が続いていますので、そろそろ大転換があっても良さそうです。


 来年が明るい年であって欲しいです。


 それでは良いお年をお迎えください。


株は配当金を狙ってTOPに戻る