株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 日経平均が、ようやく一目均衡の雲上限を突破した。


 視界は良好だ。


 このまま徐々に高度を上げてくれると嬉しいが。


 半導体関連に明るい兆しが出てきたのか、よく上昇していた。


 好景気で買うと非常にデンジャラスな業種であるが、不景気で買うと大きな上昇が待っていると思う。


 シリコンサイクルがあるのも分かっているのに、もうちょっと業績の変動を抑えてなんとかできないものなのかと感じてしまう。


 最悪、赤字を出さないようにだけはしておかないと、優秀な人ほどさっさと見切りをつけて離れていってしまうだろう。


 ちょっと心配。


 円高も一服。


 一安心だが、円高リスクを再認識させられたので、製造業が国内に留まるのは難しくなったのかもしれない。


 次から次へ、難題山積だ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る