株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 主要株価指数の年初来騰落率が、ヤフーファイナンスで紹介されていた。


 G7は20~30%の上昇、アジアの主要株価指数も軒並み50%近く、あるいはそれ以上の上昇率だ。


 なのに、


 日本だけ、


 この日本だけが、


 自分のポートフォリオの大半を占めようかという日本だけがぁ、




 ー1・07%   (/;_ _)/ ズルズル (トピックス11月18日時点)


 ↑ 相変わらず冴えわたる読み   (´・ω・`)ショボーン




 売りの材料はたくさんあるのだろうが、文句を言ってみても始まらない。


 外国人が逃げて行くなら、日本人の手に、


 夷狄を打ち払い、日本人の手に偉大な日本企業を取り戻さねばなら~ん!(←幕末かッ!)


(注:上記文頭にお見苦しい表現がございますが、文末のツッコミを引き出すためであり、他意はございません。個人的に外国の方は大好きですし大歓迎です。念のため。)


 嘆くなかれ、これは再びやってきた天与の機会……多分。


 まだまだ買い場は続くよ……嫌だけど。







<久しぶりに覚えておきたい偉大な先人の辞世>


 身はたとひ 武蔵の野辺に朽ちぬとも 留め置かまし 大和魂


 吉田松陰


株は配当金を狙ってTOPに戻る