株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2009年9月17日、民主党政権、鳩山内閣発足時の株式指標。



日経平均終値       10443円80銭
              +173円03銭

NYダウ(現地12時)  9801・98ドル
              +10・27ドル

為替           1ドル90円55銭~58銭

             1ユーロ133円52銭~56銭

長期金利         1・335%(10年国債利回り)

米国債10年       3・47%
   30年       4・25%

英国債10年       3・69%
   30年       4・17%

独連邦債10年      3・33%

ドバイ原油        1バレル70・55ドル~70・65ドル



純資産倍率(PBR、倍、前期基準)

 225種        1・31

 東証1部全銘柄     1・23

 東証2部全銘柄     0・73

 ジャスダック      1・18



株価収益率(PER、倍、前期基準、予想)

 225種         ー・ーー     40・76

 東証1部全銘柄      ー・ーー     37・14

 東証2部全銘柄      ー・ーー     23・18

 ジャスダック       ー・ーー     23・19



株式益回り(%、前期、予想)

 東証1部全銘柄     ー0・59      2・69



平均配当利回り(%、売買単位換算、前期基準、予想)

 225種        1・74      1・41

 東証1部全銘柄     1・90      1・66

 東証2部全銘柄     2・32      2・03

 ジャスダック      2・38      2・19



25日移動平均乖離率     0・60%

75日移動平均乖離率     3・98%

200日移動平均乖離率   15・76%



株は配当金を狙ってTOPに戻る


続き


<メモ>


 日経平均最安値の3月10日との比較では、景気回復気運が高まり株価は上昇、原油も上昇、為替は円高ドル安、円安ユーロ高の方向。


 通貨不安を受けて金価格が上昇し、1トロイオンス1000ドルの大台を突破。


 もっとも、国債も継続する景気不安から買われていた。(利回りは低いまま)


 澤上のおじさんによると、世界的にバブルは全て弾け、あるとすれば国債のバブルとのこと。


 株を動かしては損ばかりしていた知人によれば、今最も良い投資対象は「国債」とのことで、澤上のおじさんの言葉に納得。


 日経新聞の経営者インタビューに、日本電産の永守のおじさんがトップで登場。


 売上高はピークの7割程度ながら、売上高営業利益率を2ケタに戻して経営革新を進めることが出来たとのこと。


 強し。



<バフェットじいじの投資鉄則3箇条>

 損するな

 第一箇条を忘れるな(とにかく損するなってことか)

 借金するな