株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 クライスラーに続き、遂にGMが破綻してしまいました。


 金太郎氏の資金も「インデックスファンド」を通じて、きっちりきっちり入っています。ww


 保有企業を見てなかったら全く気にしないところでしょうが。


 他にもサーキットシティやファニーメイ、フレディーマックなんてところも入ってました。


 リーマンブラザーズも入ってましたよ。 (⌒0⌒)/


 ロイヤルバンクオブスコットランドも~! \ (⌒0⌒)/


 もちろん、シティグループもありましたよ~! o (^-^) o  いえ~い! (←もうやけくそ)


 たくさん失敗できて分散投資は本当に勉強になります。


(分散投資では、中身を見て、自分が何をやっているのか(やらされているのか)、よく反省してみることが大切だと思います。まあ、それでも信じて続けるなら、中身は見ない方が心安らかかもしれません。愚直に信じたやり方を貫いていくことも大切なことでしょうから。)


 中世イタリアの思想家、マキャベリ先生のお言葉に従うなら、天国へ行く最も有効な方法は地獄へ行く道を熟知することなので、成功事例ではなく失敗事例の方をよ~く見ておくべきだと思います。


 バフェットじいじも盟友のチャーリー・マンガー氏がビジネススクールに行かない理由を、ビジネススクールでは失敗の仕方を教えないからだと言っています。w


 ビジネススクールでは本当に大切なことを教えていないのではないかと、気にしていらっしゃいました。


 奇しくもその心配は金融危機で大的中してしまったわけです。


 金太郎氏もいくつか、名門ビジネススクールを卒業した経営者の率いる企業を保有していますが、悲しい事に投資は失敗ではないかと思うことの方が多いです。


 ビジネススクールを出ていることとビジネスを理解していることとは、全く別の問題です。


 これはハッキリそう言えます。


 話が逸れちゃいましたが、せっかく良い勉強の材料を提供してくれているのですから(あるいは身をもって失敗しているわけですから)、今後に生かさない手はないと思います。


株は配当金を狙ってTOPに戻る