株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 最近、昭和シェルから事業報告書が届きました。(同社の決算は12月)


 信用収縮と需要蒸発という暴風雨の中、手元資金を確保するために多額の借入金で現金保有残高を積み上げていました。


 財務活動によるキャッシュフローは大きく増加。(前期は▲21029と借入金を返済して資金流出状態だったのが、72337と借入金によりキャッシュインが大幅増)


 現金等の期末保有残高は、15686から71815へと大きく増加しています。(単位は全て100万円)


 資金繰りの不安からでしょうが、昭和シェルクラスの企業がこぞってこのような資金調達を行っているとなると、お金がいくらあっても足りないでしょうね。


 事業環境の厳しさを再認識させられます。


 もっとも、太陽電池等への戦略的投資で、前年度より投資活動によるキャッシュアウトは増加しています。(▲25687から▲42932へと投資資金の増加)


 将来に向けた積極投資も怠っていないところは、いい感じかな。


 原油価格の急上昇と急降下で、たな卸資産(販売用に仕入れた原油)の評価額に影響が出て売上原価の上昇となり、122億8300万円の営業損失を計上。


 純損失は、162億2100万円に。


 痛し。 (>_<)


 何せ、140ドルまで高騰して、一転、40ドルまで下落ですからね。


 原油価格の変動幅が大きいと、経営計画を立てるのも難しそうです。


 恐るべしカジノマーケット!


 でも配当金は減らず。


 ありがたや~。


 きちんとした経営か、バックに控える巨大資本か、はたまた日常生活に不可欠な事業の特性か、いずれにしろ信用があれば、こういった危機に際してもきちんと資金の手当がついて、配当を維持してくれるということでしょう。


(無論、今後も大丈夫ということを保障するものではありませんが、一応来期も配当維持の予定。)


 社長が急病でお倒れになったみたいですが、新体制でバッチリ頑張って下され~。


株は配当金を狙ってTOPに戻る