株の配当金を狙った長期投資を実体験を踏まえて研究。

 2009年1月20日付、日経新聞第16面より時価総額1000億円以上の企業の配当利回りランキングです。







1  武富士       8・4%
2  レオパレス     6・9%
3  川崎汽船      6・7%
4  NTN       6・4%
5  平和        6・2%
6  日産自動車     6・1%
7  ヤマハ       6・1%
8  双日        6・0%
9  丸井G       5・9%
10 日新製鋼      5・7%

11 日野自動車     5・6%
12 商船三井      5・4%
13 三井物産      5・4%
14 新光証券      5・3%
15 郵船        5・2%
16 野村        5・2%
17 任天堂       4・9%
18 三菱商事      4・9%
19 JFE       4・9%
20 電気化学工業    4・9%

21 新日鉱HD     4・8%
22 日立工機      4・8%
23 いすゞ       4・8%
24 新日石       4・8%
25 SBI       4・8%
26 オンワード     4・7%
27 日本オラクル    4・7%
28 住友商事      4・7%
29 住友金属工業    4・7%
30 神戸製鋼所     4・6%







 2年程前ならキャッキャと言って買ってしまいそうな利回りですが、今はこれでも買いたくない人が大半でしょうか。w


 ちょっと前まで勢いに乗っていたのに、コロリと主役が変わってしまった感があります。


 さて、この中に魅力的な事業があるでしょうか。


 次々と新たな事業戦略を描いている企業さんもありますよ。


株は配当金を狙ってTOPに戻る